291020 狂言の流派差  

電話のみ受付

講座概要

講座番号 291020
期間 2017年8月29日 ~ 2017年9月26日
回数 5回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 50 名
一般料金 7,500円
会場 三鷹サテライト教室

内容

狂言には、現在、大蔵流と和泉流と二つの流派があります。どちらか一流だけが専有している曲もありますが、多くの曲は両流がともに所有しています。しかし、同じ曲でも流派が違うと内容を異にする場合が少なくありません。これは能と違う狂言の特徴です。
構想の違い、演技の違い、部分的な趣向の違い、全体的な味わいの違い等のケースを、狂言を代表する名作の上に見ることにします。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2017/08/29 「木六駄」―和泉流から大蔵流へ
第2回 2017/09/05 「萩大名」―大名像の描かれ方
第3回 2017/09/12 「素袍落」―太郎冠者の哀歓
第4回 2017/09/19 「無布施経」―宗教者の建て前と本音
第5回 2017/09/26 「鐘の音」「蝸牛」―作劇術と趣向

講師

羽田 昶 (はた ひさし)
本学客員教授・元本学能楽資料センター長
1939年(昭和14)東京生。國學院大學文学部卒。海城高等学校・開成高等学校教諭、東京国立文化財研究所芸能部研究員、室長を経て、2000-2010年(平成12-22)武蔵野女子大学(武蔵野大学)教授。その間、2002年(平成14)より同大学能楽資料センター長。現在、武蔵野大学客員教授、同大学能楽資料センター研究員。専攻は能・狂言を中心とする演劇研究。観世寿夫記念法政大学能楽賞受賞。
著書(共著)に『狂言・鑑賞のために』(1974、保育社)、『能・本説と展開』(1977、桜楓社)、『能の作者と作品』(1987、岩波書店)、『能の囃子事』(1990、音楽之友社)、『能楽大事典』(2012、筑摩書房)、『昭和の能楽 名人列伝』(2017、淡交社)ほか。


PDFパンフレット

電話のみ受付