291050 仏像を見る・考える  

開講済

講座概要

講座番号 291050
期間 2017年7月20日 ~ 2017年9月14日
回数 5回
曜日
時間 10:00~11:30
定員 50 名
一般料金 7,500円
会場 三鷹サテライト教室

内容

仏像とは、そもそも何か。仏教でいう仏を人々は観念的な存在ではなく、仏像に投影させる側面がありました。人々は仏像を礼拝することで仏を観念しました。現代人からみると 荒唐無稽な話ようですが、当時の人々は真摯に礼拝しました。このような仏像に対する人々の受容の歴史を、仏像そのものの形、文献史料、胎内納入物などから考察します。今回は、仏像の基本的な姿、歴史的受容のあり方などを中心に考えたいと思います。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2017/07/20 観音信仰の歴史 聖(しょう)観音
第2回 2017/07/27 十一面観音と千手観音
第3回 2017/08/03 如意輪観音
第4回 2017/09/07 馬頭観音と馬鳴(めみょう)菩薩
第5回 2017/09/14 准胝(じゅんてい)観音

講師

生駒 哲郎 (いこま てつろう)
本学教養教育リサーチセンター研究員・東京大学史料編纂所非常勤職員
専門は日本中世宗教史、日本古文書学会編集・大会運営委員。立正大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程満期退学。山梨県身延山久遠寺、大田区池上本門寺、石川県羽咋市妙成寺などの史料調査委員を経て、現在、東京大学史料編纂所非常勤職員・東京都渋谷区文化財審議員。
主要著書日本の名僧6『重源:旅の勧進聖』(共著 吉川弘文館)、『中世の寺院体制と社会』(共著 吉川弘文館)、『中世の寺院と都市・権力』(共著 山川出版社)、『山岳信仰と村落社会』(共著 岩田書院)など。


PDFパンフレット

開講済