291072d 溶けることの秘密 ―コロイドって何だろう?  

電話のみ受付

講座概要

講座番号 291072d
期間 2017年9月2日
回数 1回
曜日
時間 10:00~11:30
定員 15 名
一般料金 2,500円
会場 武蔵野キャンパス

内容

※日程に変更が生じています

物を水に「溶かす」ことは誰でも日常生活で盛んに行っていることです。同じように「混ぜる」ことも行っています。この違いは何なのでしょう。
小学校では食塩水などを教材にして調べる活動をしています。
「水に溶ける」「水に溶けない」とは本当はどんなことなのでしょうか。「透明になったから溶けた」「下に物が沈んだから溶けなかった(溶け残った)」「透明ではないけれど全体に色が付いたから溶けた」「透明ではないから混ざっただけ」など、「溶ける・溶けない」の判断は日常生活の中であまり意識されていません。
そこでこの講座では、以下の手順によって溶けることの意味を確認します。
①絵の具を水に溶かして溶けていく様子を見る。②食塩を水に溶かして様子を見る。③絵の具と食塩を溶かした水にそれらが溶けているかどうか確認する。④混ざっている(物質が分散している)状態(コロイド)を確認する。⑤泥水からコロイド粒子を取り除く。


子供のみ、または子供2人目より1,500円

スケジュール

  日程 内容
第1回 2017/09/02  

講師

庭野 正和 (ニワノ マサカズ)
本学教授
武蔵野大学 教育学部 児童教育学科 教授
武蔵野大学大学院 教育学研究科 教授
東京都公立学校(小学校、中学校、小中一貫校)校長
東京都(教育庁指導部、都立教育研究所、教職研究センター、江戸川区)指導主事、統括指導主事
2016史上最強の教員採用試験(教職教養、一般教養)要点暗記&一問一答 ナツメ社 他いろいろ


PDFパンフレット

電話のみ受付