292050 メタンハイドレートは日本のエネルギー問題解決の救世主となれるか?  

受付中

講座概要

講座番号 292050
期間 2018年2月2日
回数 1回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 50 名
一般料金 1,500円
会場 三鷹サテライト教室

内容

海底深くに賦存する「燃える氷」と称されるメタンハイドレート。近年の調査研究で日本近海にはわが国の天然ガス消費量の100年分にも匹敵する豊富なメタンハイドレートが眠っていることがわかってきました。メタンハイドレートとはいったいどんなものなのか? エネルギー資源の乏しい日本になぜこのように豊富に賦存するのか? 将来メタンハイドレートを開発・生産してわが国のエネルギー資源として利用することができるのか? メタンハイドレートをめぐる疑問を解き明かし、商業生産に向けた取り組みや可能性を解説します。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2018/02/02  

講師

西脇 文男 (にしわき ふみお)
本学客員教授・環境エコノミスト
1946年生。1968年4月日本興業銀行入行。同行取締役、興銀リース(株)副社長、DOWA ホールディングス(株)常勤監査役を歴任。2013 年9 月より武蔵野大学客員教授。
著書:再生可能エネルギーがわかる(日本経済新聞出版社)、レアメタル・レアアースがわかる(日本経済新聞出版社)、景気の見方と金利・相場感覚の磨き方(近代セールス社)、新国際金融事情(共同執筆 財経詳報社)。訳書:FED ウォッチング(D・ジョーンズ著 日本経済新聞社)。


PDFパンフレット

受付中