292078 能・狂言鑑賞入門~能〈高砂〉を読む  

受付中

講座概要

講座番号 292078
期間 2018年2月2日 ~ 2018年3月16日
回数 3回
曜日
時間 15:00~16:30
定員 50 名
一般料金 6,000円
会場 三鷹サテライト教室

内容

能〈高砂〉は、播磨国(兵庫県)高砂を訪れた阿蘇神社の神主の前に、高砂と摂津国(大阪府)とに離れて住む老夫婦が現れ、相生の松の由緒と和歌の徳を説くという前半と、住吉明神が平和な御代を祝福する後半という二つの場面からできています。祝意の気分に満ち溢れた世阿弥の傑作で、高砂の松の下を掃き清める老夫婦の姿が画題となり、神主が住吉に船出する場面「高砂や~」が結婚式で謡われるなど、最も有名な能の一曲とも言えます。
本講座では台本を丁寧に講読し演出を確認するなどして、作品の理解を深めていきます。また、2018年3月24日(土)に国立能楽堂企画公演で〈高砂〉を演じる鵜澤久氏(シテ方観世流能楽師、銕仙会所属)をゲストに迎え、〈高砂〉の魅力について実演を交えて語って頂きます。今回、初めて受講なされる方にもわかりやすく講義を進めていく予定です。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2018/02/02 能・狂言の概説および能〈高砂〉を読む①
第2回 2018/02/23 能〈高砂〉を読む②
第3回 2018/03/16 シテ方観世流能楽師・鵜澤久氏をゲストに迎えて

教材

『対訳で楽しむ 高砂』檜書店 540円

※上記教材をお持ちでない方は、

詳細ページよりご購入ください。

講師

三浦 裕子 (みうら ひろこ)
本学特任教授・本学能楽資料センター長
東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。
武蔵野大学特任教授、武蔵野大学能楽資料センター長。
著書に『能・狂言の音楽入門』、『初めての能・狂言』(共著)、『面からたどる能楽百一番』など。


PDFパンフレット

受付中