301061b 漱石前期三部作『三四郎』についての断想―美禰子の純粋― 連続講座【夏目漱石生誕150年記念】第2弾

電話のみ受付

講座概要

講座番号 301061b
期間 2018年5月25日
回数 1回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 50 名
一般料金 1,500円
会場 三鷹サテライト教室

内容

三四郎の人生に、一瞬、汽車に轢死する女がよぎります。突然現れ、突然消える、この何処にも行くところのない女は、どういう意味を持つのでしょう。漱石の作品系列の中で、この女は、思いの外に長い射程を持っているのかも知れません。
第五章の美禰子と野々宮の議論の中に、「空中飛行器」の話題があります。二人の意見は氷炭相容れないわけですが、そこに美禰子の自己の人生への願いが、率直に現れています。しかし、その願いを(結果として)実現しようとした行為は、上野の展覧会で、三四郎と絵を見て廻る場面
に無残な結末を迎えます。
教会の前で、美禰子は三四郎に呟くように唱えます。われは我が咎を知る。我が罪は常に我が前にあり。詩篇51の一節です。罪とは何なのでしょう。そんなことも考えてみたいと思います。

※『三四郎』について。予め読んで頂いていた方がいいし、又、お持ちであれば、持参してくださった方が便宜でしょう。どのような版でも構いません。まだお持ちでない方には、集英社文庫『三四郎』(350円+税)をお勧めします。比較的読みやすいし、他より安いと思います。むろん、手ぶらでも構いません。

* 全講座(7 回)お申込み9,000 円(全7 回)
*お好みの講座を選んでお申込み 1,500円(1講座につき)

スケジュール

  日程 内容
第1回 2018/05/25  

講師

千石 隆志 (センゴク タカシ)
元本学非常勤講師
1945年、満州ハルビンにて生を享く。
早稲田大学文学部、日本文学科修士課程修了。
元早稲田大学高等学院・教諭。2004年度の1年間、ロンドン大学のアカデミック・ビジターとしてロンドンに滞在。
著書に、『芥川龍之介覚え書き』、『漱石論考』(共著)。
『ぼつちやん事典』(2014年)の執筆に参加。
その他、漱石論を中心に論文多数。


PDFパンフレット

電話のみ受付