301061e 漱石の漢詩 連続講座【夏目漱石生誕150年記念】第2弾

受付中

講座概要

講座番号 301061e
期間 2018年6月29日
回数 1回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 50 名
一般料金 1,500円
会場 三鷹サテライト教室

内容

文豪漱石はプロの漢詩人ではありません。その詩作は当時の職業的な漢詩人の作品と比べると、いくつか特徴が指摘されます。例えば平仄の正確さ、あるいは華麗さがありました。しかし一方、いわゆる専門家ではないからこそ、閑暇中の余技としてではない、精魂込めたものがあります。漱石にとって漢詩は何か。詩を詠むことはどのような意味を持つのか。日本の詩歌の歴史を振り返り、漱石の漢詩の意味を改めて考えたいと思います。

* 全講座(7 回)お申込み9,000 円(全7 回)
*お好みの講座を選んでお申込み 1,500円(1講座につき)

スケジュール

  日程 内容
第1回 2018/06/29  

講師

楊 昆鵬 (ヨウ コンホウ)
本学文学部准教授
名古屋大学大学院文学研究科博士課程、日本学術振興会外国人特別研究員、京都大学文学部招聘外国人学者、関西学院大学講師、武蔵野大学講師を経て、現在武蔵野大学准教授、和漢比較文学会常任理事。
専門は、和漢比較文学、漢文学、中世韻文、和漢聯句、聯句
「後陽成院の和漢聯句と聯句」『国語国文』第86巻第5号、2017年、「五山文学と和漢聯句」岩波書店隔月刊『文学』第12巻第5号、2011年、『室町後期和漢聯句作品集成』臨川書店、2010年 など


PDFパンフレット

受付中