301002 聖徳太子十七条憲法の深層を読む  

開講済

講座概要

講座番号 301002
期間 2018年4月18日 ~ 2018年8月8日
回数 5回
曜日
時間 16:45~18:15
定員 30 名
一般料金 7,500円
会場 三鷹サテライト教室

内容

聖徳太子は、意味論的には、神々と仏たちの宗教的棲み分けと共存を歴史的に体現している理念的人格て?あり、彼の唱えた「和」とは、日本的文化の醸成の基本的理念て?す。混迷の現代において日本か?国際社会において誇るへ?き十七条憲法の精神を再確認したいと思います。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2018/04/18 聖徳太子の生涯 / 聖徳太子と日本文化
第2回 2018/05/16 憲法十七条をいかに読むか
第3回 2018/06/13 憲法十七条を読む(1)
第4回 2018/07/11 憲法十七条を読む(2)
第5回 2018/08/08 憲法十七条を読む(3)

講師

村石 恵照 (むらいし えしょう)
本学客員教授・東京仏教学院講師
東洋大学(大学院文学研究科仏教学専攻博士課程)、外国政府機関勤務、Young East (Managing Editor)、英文毎日コラムニスト(筆名 Kenkichi Murano)、などを経て、平成24年3月まで武蔵野大学教授。
研究領域:仏教学/日本文化論/イギリス思想(G.オーウェル)。
著作/論文:A Study of Shinran's Major Work: the Kyo-gyo-shin-sho、『地球の歩き方=旅の会話集15(ハンガリー・チェコ・ポーランド語/英語』(ダイヤモンド・ビッグ社)、『仏陀のエネルギー・ヨーロッパに生きる親鸞の心』(翻訳)、『オーウェル―20世紀を超えて』(共著)、『いのちをめぐる仏教知のパラダイム試論』、『仏教最前線の課題』、『Gentle Charm of Japan(DharmaEn)』など。


PDFパンフレット

開講済