301010 禅の歴史―石頭系の禅を嗣ぐ人々雪峰教団の人々―  

開講済

講座概要

講座番号 301010
期間 2018年6月21日 ~ 2018年9月27日
回数 10回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 30 名
一般料金 15,000円
会場 三鷹サテライト教室

内容

古来、石頭希遷の禅は真金鋪、馬祖道一の禅は雑貨鋪と喩えられました。真金鋪とは純金を商う店、雑貨鋪は様々な品物を売る店のことで、元は『祖堂集』に載ることばです。このシリーズでは石頭系の禅がどういうものであったかを、『祖堂集』を中心に読んでいきます。時代はまさに唐末から五代の混乱期。石頭下の天皇道悟から龍潭崇信――徳山宣鑑へと継承された禅は、次の雪峰義存によって大きく展開します。彼の「雪峰教団」から輩出した人々はどのような僧に成っていったか。禅の文献をじっくりと味わいながらその足跡をたどっていきます。

【持ち物】漢和辞典

スケジュール

  日程 内容
第1回 2018/06/21 前期の調整
第2回 2018/06/28 保福従展 その1
第3回 2018/07/05 保福従展 その2
第4回 2018/07/12 保福従展 その3
第5回 2018/07/19 保福従展 その4
第6回 2018/07/26 保福従展 その5
第7回 2018/09/06 保福従展 その6
第8回 2018/09/13 雲門文偃 その1
第9回 2018/09/20 雲門文偃 その2
第10回 2018/09/27 雲門文偃 その3

講師

須山 長治 (すやま ちょうじ)
本学非常勤講師
早稲田大学大学院文学研究科東洋哲学専攻博士後期課程単位修得満期退学。文学修士。
駒澤大学非常勤講師。本学通信教育部非常勤講師。


PDFパンフレット

開講済