305103 子どものトラウマ 心理教育と認知行動療法をワークを通して学ぶ 卒後教育プログラム

メール・FAXにて受付

講座概要

講座番号 305103
期間 2018年8月4日
回数 1回
曜日
時間 13:00~18:00
定員 30 名
一般料金 8,000円
会場 有明キャンパス

内容

子どもが事件や事故の被害にあったとき、周囲の大人たちはその傷つきに混乱したり動揺します。一方で、その不安に耐えられず子どもの心身の不調に気づかないふりをしてしまうこともあります。また、不調や問題行動が長引くと、我慢できなくなり、子どもを叱ったり、自分を責めたりと取り巻く環境が安心できる状態でなくなることもあります。
本ワークショップは、トラウマ体験をした子どもにどのように寄り添うかを具体的に学びながら、子どもにも周囲の大人にも心理教育をすることで適切な情報 を提供し、治療的な効果をもたらす認知の変換を目指します。

◆日 時 :平成30年8月4日(土) 13:00~18:00
◆講 師 :藤森 和美(本学教授・臨床心理士)
◆場 所 :武蔵野大学 有明キャンパス (りんかい線「国際展示場」駅より徒歩7分)
◆参 加 費 :一般 8,000円 本学卒業生 5,000円
◆参加資格 :臨床心理士、原則として臨床経験を持つ専門家(ソーシャルワーカー、相談員など)
◆定 員 :30名

◇◇お申込について◇◇
①メールまたはFAXにて、必ず下記事項をお書き添えの上、お申込ください。
メールは件名に「8/4卒後プログラムの件」とご記入ください。

【氏名】
【ふりがな】
【所属】
【職種】
【臨床心理士登録番号】番号をお持ちのかたは、ご記入ください
【連絡先】勤務先・ご自宅(どちらのご住所かご指定ください)
住所:〒

電話番号:
FAX番号:
メールアドレス:
【心理・精神科医等での臨床経験年数】
【本学大学院修了の方は、指導教員をご記入ください】
【本ワークショップを何でお知りになりましたか】


②受信確認後、こちらからお申込確認のメールまたはFAXをお送りいたします。
③ご受講いただける方には、別途、「受講案内通知」「払込取扱票」(ゆうちょ銀行)をお送りいたします。


e-mail : lifelong@musashino-u.ac.jp
FAX : 042-468-3211 【チラシ・申込書(PDF)ダウンロード】

スケジュール

  日程 内容
第1回 2018/08/04  

講師

藤森 和美 (ふじもり かずみ)
本学教授・臨床心理士
大阪大学大学院人間科学部博士後期課程修了 博士(人間科学)取得、筑波大学大学院教育研究科カウンセリング専攻修士課程修了。聖マリアンナ医学研究所副所長、大阪教育大学客員教授などを経て、武蔵野大学教授。
日本トラウマティックストレス学会理事 全国クライシスレスポンスチーム(CRT)連絡協議会顧問 山口県クライシスレスポンスチーム(CRT)顧問 横浜市教育委員会カウンセラーアドバイザー/スクールスーパーバイザー 総務省消防庁緊急時メンタルサポートチーム員


PDFパンフレット

メール・FAXにて受付