302025 悲劇の女性たち ―平家物語入門― (続き)  

開講済

講座概要

講座番号 302025
期間 2018年10月16日 ~ 2019年3月19日
回数 18回
曜日
時間 10:00~11:30
定員 30 名
一般料金 27,000円
会場 三鷹サテライト教室

内容

『平家物語』は平安末期の貴族社会が武家社会に大きく変動してゆく時期に、特に平氏の側に
立って、その一族が源氏との戦乱に破れ没落してゆく様を、戦記物語的手法で「盛者必衰」の仏教理念で描いた作品で「琵琶法師による語り物」として世間に流布した作品です。原作者は、『徒然草』(鎌倉時代末期成立)には、信濃前司行長であるとするが、どこにも証拠はないし、生仏という琵琶法師に語らせて広まったとあるが、現存の『平家物語』はそのどの段階のものかわからない。権力者平清盛をめぐる多くの武将群の陰にあって、悲しい運命にもてあそばれた女性がいるので、その人たちの運命をたどりつつ、『平家物語』という作品を概観してゆきたいと思います。
『平家物語』(1~4岩波文庫 )他 お手もちの本をお持ちください。

お持ち物:前回までのプリント、古語辞典(あれば)、筆記用具

スケジュール

  日程 内容
第1回 2018/10/16 前期の復習とそのまとめ。巻十「内裏女房」の読み
第2回 2018/10/23 巻十、「内裏女房」の解釈
第3回 2018/10/30 巻十、「内裏女房」の鑑賞と注意点
第4回 2018/11/06 巻十、「千手前」の読み
第5回 2018/11/13 巻十、「千手前」の解釈と鑑賞
第6回 2018/12/11 巻十「横笛」の読みと解釈
第7回 2018/12/18 巻十「横笛」の解釈と鑑賞
第8回 2018/12/25 巻十、「横笛」の解釈・鑑賞・注意点
第9回 2019/01/08 建礼門院と灌頂巻について(解説)
第10回 2019/01/15  
第11回 2019/01/22  
第12回 2019/01/29  
第13回 2019/02/05  
第14回 2019/02/12  
第15回 2019/02/19  
第16回 2019/03/05  
第17回 2019/03/12  
第18回 2019/03/19  

講師

上村 正人 (かみむら まさと)
元武蔵野女子学院中学高校教員
1938年生まれ。1960年、東京学芸大学乙類国語科(漢文専攻)卒。同年武蔵野女子学院中学高校国語科教諭(古文・漢文・現代文担当)。2003年3月、同上校定年退職。その間、東京学芸大学名誉教授・故安良岡康作氏(中世文学・国語教育専攻)に師事し日本中世文学を中心に研究。中世文学会、仏教文学会、解釈学会、日本文学協会にも所属してきた。なお本学生涯学習講座においては、「西行の和歌」「徒然草(抜粋)」「方丈記」「奥の細道」「野ざらし紀行」「鹿島詣」「笈の小文」「更科紀行」「嵯峨日記」「百人一首」「伊勢物語」「西行の歌と人生」「紀貫之の文学(「土佐日記」「古今集」)」「和歌文学史入門」「十六夜日記」「とはずがたり」「建礼門院右京大夫集」をとりあげている。


PDFパンフレット

開講済