302026 「奥の細道」の主な章段を読んでみよう(その1)  

開講済

講座概要

講座番号 302026
期間 2018年10月31日 ~ 2019年3月13日
回数 5回
曜日
時間 10:00~11:30
定員 50 名
一般料金 7,500円
会場 三鷹サテライト教室

内容

『奥の細道』は、日本古典のなかでもとりわけ有名な芭蕉の紀行文です。元禄2年(1689)に深川を出発し、日光・奥州・出羽・北陸路を行き、岐阜の大垣で終わりを迎えた芭蕉の5ヶ月の旅は、数年に渡って何度も何度も推敲が重ねられ、『奥の細道』という作品になりました。歌枕(昔の和歌で詠まれた名所)や旧跡を巡り、西行や義経ら歴史上の人物たちと魂を通わせながら辿る芭蕉の旅は、時空を超えた旅の文学といえるでしょう。
本講座では、『奥の細道』の全行程のなかから主な章段を取り上げて、最新の研究成果をふまえながら読み通してゆきます。「夏草や兵(つはもの)どもが夢のあと」、「五月雨を集めて早し最上川」といった、この旅中に生まれたさまざまな名句を味わいながら、芭蕉の旅路を一緒に辿ってみませんか。

参考図書:『新版おくのほそ道』(角川ソフィア文庫)潁原退蔵・尾形仂

スケジュール

  日程 内容
第1回 2018/10/31 芭蕉と旅について、『奥の細道』テキストの問題について
第2回 2018/11/14 『奥の細道』の「発端」
第3回 2019/01/30 江戸を発つ(「旅立ち」・「草加」)
第4回 2019/03/06 日光参詣(「日光」)
第5回 2019/03/13 芭蕉と曽良(「日光」)

講師

永田 英理 (ながた えり)
本学非常勤講師
武蔵野大学・白百合女子大学・早稲田大学非常勤講師。早稲田大学大学院博士後期課程修了。博士(学術)。専門は俳文学で、松尾芭蕉の俳諧や俳論を研究している。著書『蕉風俳論の付合文芸史的研究』(ぺりかん社、2007年)、共著『連歌辞典』(東京堂出版、2010年)、『『おくのほそ道』解釈事典―諸説一覧』(東京堂出版、2003年)など。


PDFパンフレット

開講済