302046 【連続講座】史料から日本の歴史を考える 第6弾-全7回  

開講済

講座概要

講座番号 302046
期間 2018年10月17日 ~ 2018年12月19日
回数 7回
曜日 火・水
時間 15:00~16:30
定員 30 名
一般料金 9,000円
会場 三鷹サテライト教室

内容

私たちが知っている歴史は、古文書、古記録(こきろく)、日記、編纂物(へんさんぶつ)、金石文、絵巻、印刷物(はんぽん)などの記述に基づいて構築されています。
ただし、史料は書かれていることを無批判に引用することはできません。その史料が本当に当時のものか、書かれている内容が真実を伝えているか。そうした史料批判をした上で、歴史を構築していきます。
本講座では、そうした史料批判の結果、何が読み取れるか。さまざまな視点から考察していきます。私たちが知っている歴史の根拠を考える講座です。

* 全講座(7 回)お申込み9,000 円(全7 回)
*お好みの講座を選んでお申込み 1,500円(1講座につき)

スケジュール

  日程 内容
第1回 2018/10/17 親鸞聖人は善鸞を義絶したか―「義絶状」を通して―
第2回 2018/10/31 百人一首の伝来―藤原定家と鎌倉幕府―
第3回 2018/11/06 足利尊氏の軍勢催促状を読む
第4回 2018/11/28 中世の合戦と軍忠の認定
第5回 2018/12/05 戦国期における後醍醐天皇の綸旨の効力
第6回 2018/12/12 第一次上田合戦考
第7回 2018/12/19 岩倉使節団と『米欧回覧実記』―世界を知り日本の未来を構想する旅路―

講師

永村 眞 (ながむら まこと)
日本女子大学名誉教授
早稲田大学政治経済学部経済学科卒、同大学院文学研究科博士課程中退、東京大学史料編纂所助手・助教授、日本女子大学助教授・教授を経て、現在、日本女子大学名誉教授、人間文化研究機構客員教授。著書『中世東大寺の組織と経営』(塙書房刊)、『中世寺院史料論』(吉川弘文館刊)、編著『醍醐寺の歴史と文化財』(勉誠出版刊)、論文「醍醐寺の仏法と文化財」(奈良国立博物館刊『世界遺産 京都・醍醐寺』)、「醍醐寺三宝院の法流と聖教」(『醍醐寺文化財研究所紀要』23号)、「鎌倉仏教-密教「聖教」の視点から-(『智山学報』66輯)、「中世聖教の料紙-醍醐寺聖教を素材として-」(『古文書料紙論叢』)、「醍醐寺の法流と歴史」(サントリー美術館刊『京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-』)。


藤本 孝一 (ふじもと こういち)
龍谷大学客員教授・冷泉家時雨亭文庫調査主任
昭和20年東京生。法政大学大学院人文科学研究科日本史専攻博士課程修了。博士(文学)

法政大学文学部史学科助手、京都文化博物館学芸主任学芸員、文化庁文化財部美術学芸課主任調査官を歴任。平成17年より龍谷大学文学部客員教授。
現在、大本山随心院文化財顧問、冷泉家時雨亭文庫調査主任。

【業績目録】
〔著書〕
1『古写本の姿』(日本の美術、第436号、至文堂、平成14年刊)。
2『明月記 巻子本の姿』(日本の美術、第454号、至文堂、平成16年刊)。
3『定家本源氏物語 巻子本の姿』(日本の美術、第468号、至文堂、平成17刊)。
4『文書・写本の作り方』(日本の美術、第505号、至文堂、平成20年刊)。
5『中世史料学叢論』(思文閣出版、平成21年刊) 。
6『本を千年伝える 冷泉家蔵本の文化史』(朝日選書870、朝日新聞出版、平成22年刊)。
7『賀茂季鷹所蔵本古今和歌集下・紙背文書影印』(日本史史料研究会、平成26年刊)
8『国宝『明月記』と藤原定家の世界』(臨川書店、平成27年刊)


高橋 恵美子 (たかはし えみこ)
武蔵野学院大学教授
日本女子大学文学部史学科卒業。同大学大学院文学研究科史学専攻博士課程後期修了。博士(文学)。現在、武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部教授。専門は日本中世史、史料機能論。主要な著書に『中世結城氏の家伝と軍記』(勉誠出版、2010年)など。


漆原 徹 (うるしはら とおる)
本学教授
文学博士(史学)。慶應義塾大学文学部国史学科卒業、同大学院修士課程修了、博士課程単位取得終了。
武蔵野大学文学部教授・慶應義塾大学・同大学院・日本女子大学講師。日本古文書学会理事・編集委員長。東京都港区文化財保護審議員。
著書 『中世軍忠状とその世界』・吉川弘文館、『今日の古文書』第三巻・雄山閣、『日本法制史史料集』・慶應義塾大学出版会、『日本中世の政治と社会』吉川弘文館、『長野県上田市大字殿城字岩清水地区の総合歴史調査』科研報告書、『麻布善福寺蔵・亜米利加ミニストル旅宿記』港区教育委員会、『南北朝百話』二玄社など


生駒 哲郎 (いこま てつろう)
本学教養教育リサーチセンター研究員・東京大学史料編纂所非常勤職員
専門は日本中世宗教史、日本古文書学会編集・大会運営委員。立正大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程満期退学。
山梨県身延山久遠寺、大田区池上本門寺、石川県羽咋市妙成寺などの史料調査委員を経て、現在、武蔵野大学教養教育リサーチセンター研究員・東京大学史料編纂所非常勤職員・東京都渋谷区文化財審議員。
主要著書日本の名僧6『重源:旅の勧進聖』(共著 吉川弘文館)、『中世の寺院体制と社会』(共著 吉川弘文館)、『中世の寺院と都市・権力』(共著 山川出版社)、『山岳信仰と村落社会』(共著 岩田書院)など。


丸島 和洋 (まるしま かずひろ)
立教大学兼任講師 日本女子大学・国士舘大学非常勤講師
1977年大阪府生まれ、東京都調布市育ち。慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(史学、慶應義塾大学)。
国文学研究資料館研究部特任助教などを経て現職。2016年度大河ドラマ「真田丸」時代考証。専門は日本中世史。主な著書に『戦国大名武田氏の権力構造』(思文閣出版、2011年)、『戦国大名の「外交」』(講談社選書メチエ、2013年)、『郡内小山田氏―武田二十四将の系譜―』(戎光祥出版、2013年)、『図説 真田一族』(同前、2015年)、『真田四代と信繁』(平凡社新書、2015年)、『真田一族と家臣団のすべて』(KADOKAWA新人物文庫、2016年)、『戦国大名武田氏の家臣団―信玄・勝頼を支えた家臣たち―』(教育評論社、2016年)、『真田信繁の書状を読む』(星海社新書、2016年)、『武田勝頼 試される戦国大名の「器量」』(平凡社、2017年)ほか。


堀口 修 (ほりぐち おさむ)
元大正大学教授・元宮内庁書陵部編修課勤務
1949年東京生まれ。中央大学大学院文学研究科史学専攻博士課程満期退学。博士(史学)。宮内庁書陵部編修課を経て2011年4月から2016年3月まで大正大学文学部歴史学科教授。専門は日本近現代史。『明治立憲君主制とシュタイン講義―天皇、政府、議会をめぐる論議―』(慈学社出版、2007)、『宮内省の公文書類と図書に関する基礎的研究』(創泉堂出版、2011年)、『 金子堅太郎と国際公法会―日本の条約改正問題と国際社会―』(創泉堂出版、2013年)、『 関東大震災と皇室・宮内省』(創泉堂出版、2014年)、「明治天皇紀」編修と金子堅太郎(『日本歴史』第661号、2003年)、「昭和大礼記録」の編纂について(『明治聖徳記念学会紀要』復刊53号、2016年)、ほか。


PDFパンフレット

開講済