302069 能・狂言鑑賞入門―能の舞・狂言の舞の魅力を探る  

開講済

講座概要

講座番号 302069
期間 2019年2月15日 ~ 2019年3月8日
回数 3回
曜日
時間 15:00~16:30
定員 50 名
一般料金 6,000円
会場 三鷹サテライト教室

内容

能・狂言では舞踊的所作が大変重要な表現になっています。能・狂言で舞われる舞を大別すると、謡(うたい。能・狂言の声楽)とともに舞う舞と、囃子(はやし。能・狂言の楽器)を伴奏に舞う舞に分けることができます。本講座では、能・狂言の舞について概観し、その魅力を探っていきます。また、シテ方観世流能楽師の川口晃平氏をゲストにお迎えし、実演を交えたお話をうかがっていきます。氏が2019年3月に観世能楽堂(昨年、銀座に新しく開館した能楽堂)で舞う舞囃子〈弱法師〉について、とくに詳しくお話をうかがう予定です。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2019/02/15 能・狂言の舞を概観する(謡で舞うものを中心に)
第2回 2019/02/22 シテ方観世流能楽師・川口晃平氏をゲストに迎えて
第3回 2019/03/08 能・狂言の舞を概観する(囃子を伴奏に舞うものを中心に)

講師

三浦 裕子 (みうら ひろこ)
本学教授・能楽資料センター長
東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。
著書に『能・狂言の音楽入門』、『初めての能・狂言』(共著)、『面からたどる能楽百一番』など。


川口 晃平 (かわぐち こうへい)
シテ方観世流能楽師


PDFパンフレット

開講済