303015 智慧と慈悲に生かされて 【オムニバス仏教講座】 私を変えた仏教の教え―私と仏教との出会い

開講済

講座概要

講座番号 303015
期間 2019年3月20日
回数 1回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 100 名
一般料金 2,000円
会場 武蔵野キャンパス

内容

私が仏教に出会えて何よりも心引かれたことは、仏教における智慧と慈悲の有り様です。仏教では智慧と慈悲を本質としますが、その智慧とは研ぎ澄まされたような理知ではありません。よく近代的理性は暴力的であると云われますが、これは近代的理性というものが、物事を黒か白かというように、はっきりと分類し対立させていくような知恵だからです。それに対して仏教的智慧は物事を有りのままに見据えて、更に、自己を真に見つめることによって我執的自己が縁起的自己に転換することを意味するからです。その様な智慧によってすべての衆生に対する慈悲哀愍の心が生まれて来るのです。だから、仏教は如何なる意味でも超越者としての威力によって脅かさないし、恐怖感で嚇かしつけることもありません。仏教における超越者である仏や菩薩は戦いや争いや暴力を克服した存在だからです。本講座ではその様な仏教の本質である智慧と慈悲の例を数々の仏典を紹介しながら眺めて見たいと思います。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2019/03/20  

講師

高橋 審也 (たかはし しんや)
本学客員教授
東京大学大学院人文科学研究科博士課程、文学修士(東京大学)。中央大学文学部兼任講師、武蔵野女子大学短期大学部兼任講師、群馬大学教育学部兼任講師、東京仏教学院講師を歴任。研究領域は、インド仏教思想、日本中世仏教思想、現代社会と仏教。おもな著作・論文は、『親鸞の教えに学ぶ通信講座1』(東洋文化学院)、『仏教興起時代の外道思想について』(修士論文)、『原始仏教の世界』(共著、東京書籍)、『いのちは誰のものか』(共著、武蔵野大学出版会)、『浄土三部経を読む』(角川学芸出版)。


PDFパンフレット

開講済