312028f 『葉桜と魔笛』―ある老夫人がものがたる― 【連続講座】太宰治 生誕110周年記念

開講済

講座概要

講座番号 312028f
期間 2019年11月22日
回数 1回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 50 名
一般料金 1,500円
会場 三鷹サテライト教室

内容

「桜が散って、このように葉桜のころになれば、私は、きっと思い出します。――と、その老夫人は物語る。」これが、『葉桜と魔笛』の書き出しです。老夫人は、いまから35年前、病気だった美しい妹のことを語ります。老夫人の語りのなかに、妹の病床に届いた恋人からの手紙が引用されます。ところが、妹は、澄んだ声で「姉さん、あたし知っているのよ。」「ありがとう、姉さん、これ、姉さんが書いたのね。」とつぶやくのです。いったい、どういうことなのか……。
1939年に発表された『葉桜と魔笛』の複雑で魅力的な語りに入り込んで検討し、太宰治を読むことのおもしろさを味わいます。
作品は、新潮文庫版『新樹の言葉』等で読んでください。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2019/11/22  

講師

宮川 健郎 (みやかわ たけお)
本学名誉教授 一般財団法人 大阪国際児童文学振興財団理事長
立教大学大学院博士前期課程修了。文学修士。宮城教育大学助教授、明星大学教授を経て、武蔵野大学教育学部教授。著書に、『現代児童文学の語るもの』(NHKブックス)、『子どもの本のはるなつあきふゆ』(岩崎書店)、編著『名作童話 小川未明30選』、『名作童話を読む 未明・賢治・南吉』(いずれも春陽堂書店)など。


PDFパンフレット

開講済