312030 石原吉郎の黙示録的エッセイと詩篇  

電話のみ受付

講座概要

講座番号 312030
期間 2019年11月28日 ~ 2019年12月5日
回数 2回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 50 名
一般料金 3,000円
会場 三鷹サテライト教室

内容

戦後詩界に『日常への強制』(1970年〈昭和45〉、構造社刊)を以て登場し、全共闘世代にも熱烈に支持された石原吉郎(いしはら・よしろう)のエッセイと詩篇をとり上げ紹介します。

石原吉郎(1915年(大正4)~1977年(昭和52)は昭和14年応召し関東軍情報部に配属され、敗戦と共にパイ容疑者(本当は無実)として旧ソ連当局により逮捕され、ソ連国内法で裁かれ重労働25年(当時、死刑はなく最高刑)の判決をうけました。以後は、過酷な労働や飢餓など収容所体験を強制され、同28年スターリンの死による恩赦で帰国後は、人間の永遠のテーマである「孤独」「連帯」についての鋭いエッセイや詩を次々に発表し、その黙示録的作品が注目されました。その中から代表的な作品を選び、2回にわたり皆さんと読み解いてまいります。なお、テキストの代わりにプリントを使用いたします。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2019/11/28 石原吉郎のエッセイと詩篇を読む(1)
第2回 2019/12/05 石原吉郎のエッセイと詩篇を読む(2)

講師

竹田 日出夫 (たけだ ひでお)
本学名誉教授・日本現代詩人会員
1935年東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。文学修士。武蔵野大学名誉教授。日本現代詩人会員、日本文芸家協会員、パレスティナ難民支援NGO「地に平和」会員。
著書・編著に『渇仰と復活の挿画』、『現代社会の暴力と詩人』、『中原中也・立原道造』ほか。詩集に『フィレンツェのムンク』、『地中海から』、『パレスティナから』ほか。


PDFパンフレット

電話のみ受付