0207066P 【Web配信】仏教は国境を超越する 全5回 オムニバス仏教

メールのみ受付

講座概要

講座番号 0207066P
期間 2021年2月17日 ~ 2021年3月23日
回数
曜日
時間 7.5時間(30分×3×5回)
定員
一般料金 6,000円
会場 Web視聴

内容

【Web配信】仏教は国境を超越する

※こちらは、オムニバス仏教講座「仏教は国境を超越する」、
0207066【Web配信】カンタン英語で学ぶブッダの教え
0207067【Web配信】「日本のお寺は二階建て」論から考える仏教と宗教の未来
0207068【Web配信】伸びるアメリカ仏教―現代宗教としてのモデルとなるか―
0207069【Web配信】ドイツにおける仏教の現状
0207070【Web配信】ほほえみの仏教徒たち
全5回お申込み用です。

仏教が単に国境をこえてひろがる、という意味ではなく、仏教には国境や民族、宗教などを超越し、誰とでも向き合える力があることを学びます。

0207066【Web配信】カンタン英語で学ぶブッダの教え
講師:浄土真宗本願寺派僧侶、翻訳家/大來 尚順 (おおぎ しょうじゅん)
配信期間:2月17日 ~ 2021年3月23日
時間:1.5時間(30分×3)
概要:
漢字が並び重々しく、難解という先入観を持たれがちの仏教用語を、カンタン英単語を使用して解説していきます。
例えば、『諸行無常』という言葉。一見、難しく、気持ちとしては寂しい感覚を持たれがちの仏教用語ですが、英語にすれば『Everything is changing』(すべては移り変わる)と表現できます。さらに、仏教の主体性を重視し、「Everything including oneself is changing」(自分自身を含めたすべてが移り変わる)とも表現できます。
このように英単語を使いながら、仏教思想の基本を新たな感覚で学びます。


0207067【Web配信】「日本のお寺は二階建て」論から考える仏教と宗教の未来
講師:一般社団法人 未来の住職塾代表理事/松本 紹圭 (まつもと しょうけい)
配信期間:2月17日 ~ 2021年3月23日
時間:1.5時間(30分×3)
概要:
街の普通のお寺、街の普通のお坊さんが、なぜそのようにあるのか。そしてそのようにある仏教が、これからどうなっていくのか。どんなに仏教学を学んでも、どんなに歴史を学んでも、どんなに文化人類学を学んでも、この素朴な疑問には答えてくれません。現代の仏教のあり方を現場から考える現代仏教特殊研究を担当する講師として、この素朴な疑問に答えたいと思います。
「日本のお寺は二階建て」論(一階が檀家を中心とする「先祖教」であるのに対し、二階は広い対象に「仏道」を提供しているという、松本紹圭による日本のお寺の構造の比喩的表現)を題材に、国内外の仏教と宗教の未来を考えます。
具体的な事例として、テンプルモーニングという「お寺の朝掃除の会」を取り上げ、東京の都心部での新しい宗教との関わり方についても議論すると同時に、そのような都市部の宗教観が世界とどう関わっているかも考えます。


0207068【Web配信】伸びるアメリカ仏教―現代宗教としてのモデルとなるか―
講師:本学名誉教授/ケネス 田中 (ケネス タナカ)
配信期間:2月17日 ~ 2021年3月23日
時間:1.5時間(30分×3)
概要:
アメリカでは仏教の存在感が高まっています。仏教徒の数は過去四十五年間、十七倍も伸び、約三百五十万人に達しました。これは全米人口の約一.二%に当たります。一方、キリスト教徒は九十一%から七十%に減っています。この仏教徒の伸びは、アジア系人仏教徒だけでなく、キリスト教やユダヤ教から仏教へ改宗した人々の増加にもよるものであり、またアメリカや日本などの先進国での宗教のあり方が変わってきているからであるとも考えられます。それは、「信じる宗教」から「目覚める宗教」への変化とも言えます。その流れの中で、瞑想や実践を好む人が増えている一方で、宗教組織から離れる人も増えています。それは若い世代には顕著に表れています。
仏教に関しては、日本の歴史は十倍も長く、また、アメリカは日本仏教の恩恵をたくさん受けてきました。しかし、アメリカの仏教は最初から「現代」宗教であったので、種々な現代の問題と課題を抱えてる日本仏教の参考となる要素を持っているとも言えます。アメリカで起こる社会現象は、日本でも数年後起こるとよく言われますが、仏教もその一つとなる可能性が出てきています。


0207069【Web配信】ドイツにおける仏教の現状
講師:公益財団法人仏教伝道協会出版事業部/江田 智昭 (えだ ともあき)
配信期間:2月17日 ~ 2021年3月23日
時間:1.5時間(30分×3)
概要:
現在のドイツの人口は約8000万人。その中で仏教徒が占める割合は人口の0.2~0.3%の約30万人と言われています。ドイツのデュッセルドルフにあるドイツ惠光寺に2011年から2017年まで6年間滞在し、布教活動をした経験をもとに「ドイツの仏教の現状」や「ヨーロッパでの日本仏教の布教の現状」を講義の中で紹介します。また、ドイツ国民の半数以上がキリスト教徒であり、「教会税」を導入しているキリスト教国ではありますが、近年多くのカトリックやプロテスタント教会は深刻な「教会離れ」の問題に直面しています。ドイツ国内で集めた様々な資料を基にドイツのキリスト教会やキリスト教の現状を探りつつ、キリスト教がドイツ人の仏教観にどのような影響を与えているかについて触れていきます。そして、ドイツ人が仏教に対して一体何を求めているのかについて考察します。


0207070【Web配信】ほほえみの仏教徒たち
講師:本学教授、本学学外学修推進センター長/山田 均 (やまだ ひとし)
配信期間:2月17日 ~ 2021年3月23日
時間:1.5時間(30分×3)
概要:
タイを中心にミャンマーやスリランカ、カンボジアなどで心と行いの柱となっている上座部仏教について解説します。タイとは「自由」を意味する国号です。穏やかなお国ぶりと幸せ感にみちた雰囲気に魅せられる外国人は後を絶ちません。その穏やかさと幸せ感の土台となっているのが、暮らしの中に深く根を張っている仏教の信仰です。タイの人びとの幸せを支えている仏教とはどのようなものなのでしょうか。日本の仏教とはどのように違うのでしょうか。タイのお寺にはお墓はありません。ではお寺は人々にとってどんな役割をもつ場所なのでしょうか。街を毎朝、托鉢に歩く黄衣の僧はどのように暮らし、一般社会に暮らす信者さんとはどのような関りを持っているのでしょうか。東南アジアの文化に興味をお持ちの方、タイがなんだか大好きな方、きらめく仏塔を見にいってみようかとお考えの方、しあわせに興味をお持ちの方、お待ちしています。

※この講座は2020年2月~3月 武蔵野キャンパスの会場で開講、開講予定でした。今期、Web視聴の講座用に、あらためてご講義していただき、配信いたします。

◆お申込フォームは、下記クリックより
オムニバス仏教講座

お知らせ---この講座のご受講につきまして---

このたび、武蔵野大学地域交流推進室では、新型コロナウイルス感染症の収束の見込みが立て難い現状を鑑み、ご自宅に居ながら受講可能なWebによる講座を開講いたします。

つきましては、Web配信による講座の受講をご希望の方は、武蔵野大学地域交流推進室宛にメールにてお申込みください(lifelong@musashino-u.ac.jp)。
受講料のご入金が確認できました後、 視聴期間の開始日前に、視聴に必要なURLとパスワード等をお申込み時のメールアドレスにご連絡いたします(詳しくは、下記「講座のご視聴までのお手続き」をご覧ください)。

なお、今後のWeb配信による講座の運営改善の参考とさせていただきたく、視聴用URLと同時に送付するアンケートにご協力くださいますようお願いいたします。
今後とも受講生のみなさまの健康と安全に配慮した生涯学習講座の運営をしてまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

◆お申込フォームは、下記クリックより
オムニバス仏教講座

◆Eメール送信でもお申込み可能です(メールに記載していただきたい項目)
①件名 「0207066P 仏教は国境を超越する 全5回 視聴希望」とご記入ください
②登録番号※
③ご氏名

※武蔵野大学生涯学習講座の「登録番号」をお持ちでない方(初めてお申込みされる方、お忘れになった場合)は、
④ご氏名のフリガナ
⑤郵便番号・住所
⑥電話番号
を追記。

※下記「教材」にてご案内の、紙資料として講座資料(レジュメ)郵送をご希望の方は、
⑦資料郵送希望
を追記(紙資料は別途有料になります)。

※講座のお申込み、映像/音声の視聴は、日本国内に住所を有する方に限らせていただきます。

◆ご送付先:lifelong@musashino-u.ac.jp

◆講座のご視聴までのお手続き
・上記、講座概要にあります「期間」が、講座の視聴できる「視聴期間」に対応します。
<例>「期間」が6月1日~6月30日 の場合、「視聴期間」は6月1日0時の数時間前~6月30日24時の数時間後になります。
・お申込後、ご登録のご住所に、「受講の手引き」「払込取扱票」(ゆうちょ銀行・コンビニエンスストアに対応。払込手数料は受取人負担)を郵送いたします。
・「払込取扱票」にてお支払いください。ご入金確認後、視聴期間開始日前に、視聴に必要なURLとパスワード等を、お申込み時のメールアドレス宛にご連絡いたします。
・視聴期間の開始後もお申込は承りますが、視聴できる期間は受講料のご入金確認後から視聴期間の最終日までになります。お早めにお申込みください。

教材

講座資料(レジュメ)は、メールまたはWeb配信いたしますが、紙資料として郵送をご希望の方は、講座お申込み時に合わせてお申込みください。実費相当分(1,000円)の追加有料となります。
講座資料(レジュメ)のみでのお申込みは、ご遠慮ください。

◆お申込み方法
お申込みメールに、「資料郵送希望」と追記してください。

講師

大來 尚順 (おおぎ しょうじゅん)
浄土真宗本願寺派僧侶、翻訳家
1982年、山口市生まれ。龍谷大学卒業後、Graduate Theological Unionに進学し修士課程を修了。その後、ハーバード大学神学部研究員を経て帰国。僧侶として以外にも通訳や仏教関係の書物の翻訳なども手掛け、執筆・講演・メディアなどの活動の場を幅広く持つ。
著書:『あなたは、あなた。』(アルファポリス)『カンタン英語で浄土真宗入門』(法藏館)『小さな幸せの見つけ方』(アルファポリス)『訳せない日本語 日本人の言葉と心』(アルファポリス)、『超カンタン英語で仏教がよくわかる』(扶桑社)『端楽』(アルファポリス)『つながる仏教』(ポプラ社)『英語でブッダ』(扶桑社)『西洋の欲望 仏教の希望』(サンガ)


松本 紹圭 (まつもと しょうけい)
一般社団法人 未来の住職塾代表理事
1979年北海道生まれ。東京神谷町・光明寺僧侶。未来の住職塾塾長。世界経済フォーラム(ダボス会議)Young Global Leader、Global Future Council Member。武蔵野大学客員准教授。東京大学文学部哲学科卒。2010年、ロータリー財団国際親善奨学生としてインド商科大学院(ISB)でMBA取得。2012年、住職向けのお寺経営塾「未来の住職塾」を開講し、7年間で600名以上の宗派や地域を超えた若手僧侶の卒業生を輩出。『こころを磨くSOJIの習慣』(ディスカバートゥエンティワン)他、著書多数。


ケネス 田中 (ケネス タナカ)
本学名誉教授
1947年山口県生まれ。カリフォルニア州シリコンバレー育ち。米国国籍。スタンフォード大学(文化人類学 学士)。東京大学(インド哲学 修士)。カリフォルニア大学(仏教学 哲学博士)。1998武蔵野大学教授就任。現在、武蔵野大学名誉教授、日本仏教心理学会前会長、国際真宗学会前会長。著書に『真宗入門』(法蔵館)、『アメリカ仏教』(武蔵野大学出版)、『アメリカ流 マインドを変える仏教入門』(春秋社)など。2017年度、第27回中村元東方学術賞受賞者。NHKテレビ番組「こころの時代」に出演(2018年4月8日)。


江田 智昭 (えだ ともあき)
公益財団法人仏教伝道協会出版事業部
1976年生まれ、福岡県出身。浄土真宗本願寺派僧侶。早稲田大学社会科学部・第一文学部東洋哲学専修卒業。早稲田大学文学研究科東洋哲学専攻修士課程中退。2007年~2011年まで築地本願寺内の(一社)仏教総合研究所事務局に勤務の後、2011年~2017年までドイツ・デュッセルドルフのドイツ惠光寺において、ヨーロッパ開教や日本文化を発信する事業に携わる。2017年より(公財)仏教伝道協会に勤務。(著書)『お寺の掲示板』(新潮社)、(連載)「お寺の掲示板」の深~いお言葉」(ダイヤモンド社「ダイヤモンド・オンライン」)、「ヨーロッパで『なもあみだぶつ』~真宗僧侶の欧州滞在記~」(「彼岸寺」)、(メディア出演)「宗教の時間」(NHK)、「タモリ倶楽部」(テレビ朝日)他多数。


山田 均 (やまだ ひとし)
本学教授、本学学外学修推進センター長
東京生まれ、早稲田大学卒、博士(文学、早大)専門は上座部仏教団史、『タイを歩く』など著書多数。


メールのみ受付