0301023 「親鸞聖人の教え『一念多念文意』に学ぶ」第三期  

開講済

講座概要

講座番号 0301023
期間 2021年4月7日 ~ 2021年7月7日
回数 2回
曜日
時間 10:00~12:00
定員 25 名
一般料金 4,000円
会場 三鷹サテライト教室

内容

※新型コロナウイルス感染症対応に伴う緊急事態宣言の延長、現在の感染状況により3回目以降の講座をWeb視聴講座に変更いたします。お申込みの皆様には個別にご連絡いたします。

『一念多念文意』は、親鸞聖人の和語の書物です。『教行信証』など、漢語の素養のある人を対象に考えて書かれた書物に対して、『和讃』など和語で書かれた書物は、専門的に仏教を学んだことのない「いなかのひとびと」のために書かれたものです。親鸞聖人のまわりには、念仏の救い、つまり、お互いを尊び合い、まことの生き方を成就するのに、念仏はたくさん称えることが大切か、それとも、念仏は一回でよいのか、という論争がありました。こうした論争は一体が問題になっているのか、やさしく、また、現代の私たちの課題を通して学んでいきます。

お知らせ---この講座のご受講につきまして---

この講座はソーシャルディスタンスを保つために、少人数での開講になります。
そのため、ハイフレックス講座として、対面講座の講義を動画収録し、期間内いつでも視聴可能なWeb視聴講座として動画配信もしております。
どちらかを、ご都合によりお選びください。

この講座のWeb視聴講座のご紹介はこちらです。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2021/04/07 仏の名号を聞いて救われる
第2回 2021/07/07 仏に成るべき身に成る~正定聚不退転とは

講師

本多 靜芳 (ほんだ しずよし)
浄土真宗万行寺住職、アーユス仏教国際協力ネットワーク理事、東京仏教学院講師
1957年東京生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科卒。東洋大学大学院修了。元武蔵野大学助教授。元東洋大学非常勤講師
大乗仏教、特に浄土教の大乗菩薩道の社会性を研究領域とする。
主な著書に『改訂新版 「歎異抄」を読む』『歎異抄に学ぶ大乗仏教入門』『いのち見えるとき』『「心を豊かにする」62のヒント』『信心の日暮らし~仏教のある社会生活』『親鸞入門』(共著)『戦争と追悼』(共著)『真宗における救いとは』(共著)『みんなの法話1』(共著)他。
浄土真宗万行寺住職、東京仏教学院講師、アーユス仏教国際協力ネットワーク理事、念仏者九条の会・東京代表。


開講済