0301032 日本の郵便150年の歴史 その1 ―“大日本帝国”時代の郵便事情―

開講済

講座概要

講座番号 0301032
期間 2021年7月3日 ~ 2021年8月7日
回数 6回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 25 名
一般料金 9,000円
会場 三鷹サテライト教室

内容

※日程が変更になりました。

1871年4月20日(明治4年3月1日)にわが国の近代郵便が創業され、最初の切手が発行されてから、150年が経過しました。今回の講座では、そのうち、1945(昭和20)年までの“大日本帝国の”の時代の切手と郵便について、その時代背景とともにわかりやすく解説していきます。通信インフラとしての郵便事業は近代国家建設の基礎となるものですが、幕末に開国した当初は、海外への通信が不可能だったため、横浜や長崎などには英仏米の郵便局が開設されていました。他のアジア諸国では、列強諸国が開港地に置いた郵便局は植民地化の尖兵になりましたが、わが国ではいち早く近代郵便制度を導入して外国の郵便局を撤退させただけでなく、外国との郵便交換については、西洋諸国と対等の条約を結ぶことにも成功しています。以後、文明開化と富国強兵の時代から日清・日露の両戦争を経て、昭和の戦争にいたるまで、大日本帝国とその歴史は切手と郵便にどのように刻まれてきたのか、お話していきます。

お知らせ---この講座のご受講につきまして---

この講座はソーシャルディスタンスを保つために、少人数での開講になります。
そのため、ハイフレックス講座として、対面講座をオンライン講座としてリアルタイムに開講するとともに、講義を動画収録し、期間内いつでも視聴可能なWeb視聴講座としても動画配信しております。
どちらかを、ご都合によりお選びください。

この講座のオンライン講座のご紹介はこちらです。
この講座のWeb視聴講座のご紹介はこちらです。

【緊急告知】受講特典
内藤陽介 著
切手でたどる郵便創業150年の歴史Vol.1戦前編 日本郵趣出版 (2021/4/20) 著者サイン入り

お申込受付中

受講特典のお申込は、下記の「講座申込」より
・対面講座:開講日当日、代金と引き換えでお渡しします。
・オンライン講座・Web視聴講座:講座受講料の入金後、出版社からご自宅宛てに、書籍と書籍代の払込用紙とが送付されます。
詳細は、ご遠慮なくお問い合わせください。

◆講座、および受講特典のお申込先は、下記をクリック
TOEIC講座申込

【講座紹介映像】【PV】0307036 日本の郵便150年の歴史 その1【武蔵野大学生涯学習】

※映像/音声の著作権は武蔵野大学に帰属します。 許可なき転載複写並びに二次的利用は禁止いたします。

【講座紹介映像】 受講特典 内藤陽介 著 切手でたどる郵便創業150年の歴史Vol.1戦前編 日本郵趣出版 (2021/4/20) 著者サイン本

※映像/音声の著作権は武蔵野大学に帰属します。 許可なき転載複写並びに二次的利用は禁止いたします。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2021/07/03 飛脚から郵便へ
第2回 2021/07/10 郵便は不平等条約改正の先導役
第3回 2021/07/17 記念切手の登場
第4回 2021/07/24 第一次大戦と郵便
第5回 2021/07/31 関東大震災から軍国主義の時代へ
第6回 2021/08/07 昭和の戦争と郵便

教材

【講義使用テキスト】
『切手でたどる郵便創業150年の歴史Vol.1戦前編』 日本郵趣出版 2,530円(税込)
詳細はこちら

本講座受講生限定で、著者サイン本のご購入予約を承ります
お申込時に、ご希望の有無をお伝えください。代金等ご案内いたします。

・対面講座・・・開講日当日、書籍代金と引き換えでお渡しします。
・オンライン講座・Web視聴講座・・・講座受講料の入金後、出版社からご自宅宛てに、書籍と書籍代の払込用紙とが送付されます。

講師

内藤 陽介 (ないとう ようすけ)
郵便学者・ノンフィクション作家
1967年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。仏像関連のまとまった記述がある著書として、『解説・戦後記念切手』(全7巻+別冊1、日本郵趣出版 2001-09年)、『切手が伝える仏像:意匠と歴史』(彩流社 2009年)、『年賀状の戦後史』(角川oneテーマ新書 2011年)『蘭印戦跡紀行』(彩流社 2013年)、『日韓基本条約』(えにし書房 2020年)など。


開講済