0301033L 【オンライン】東京五輪と切手ブームの時代 ―戦後昭和社会史の一断面―

メールのみ受付

講座概要

講座番号 0301033L
期間 2021年7月3日 ~ 2021年8月7日
回数 6回
曜日
時間 15:15~16:45
定員
一般料金 9,000円
会場 オンライン受講

内容

※日程が変更になりました。

1964(昭和39)年の東京五輪は戦後の高度経済成長を象徴する出来事として、日本人の記憶に残っていますが、当時が“切手ブーム”の時代であり、記念切手の発売日には多くの人々が郵便局に行列を成したことは忘れられようとしています。しかし、切手ブームの時代を通じて、多くの人が切手に取り上げられた浮世絵に接したことで、広重や北斎が日本人の教養として定着していったことなどを考えると、当時の日本社会における切手の影響力は侮りがたいものがあります。そこで、本講座では、東京五輪前後の“切手ブーム”に焦点を当て、切手というちょっと変わった視点から、東京五輪とその時代について語ってみたいと思います。

※この講座はハイフレックス講座として、三鷹サテライト教室で対面講座としても同時開講しております。
この講座の対面講座のご紹介はこちらです。

お知らせ---この講座のご受講につきまして---

この講座は、オンライン講座(リアルタイム配信)での開講になります。
【緊急告知】受講特典
内藤陽介 著
切手でたどる郵便創業150年の歴史Vol.1戦前編 日本郵趣出版 (2021/4/20) 著者サイン入り

お申込受付中

受講特典のお申込は、下記の「講座申込」より
・対面講座:開講日当日、代金と引き換えでお渡しします。
・オンライン講座・Web視聴講座:講座受講料の入金後、出版社からご自宅宛てに、書籍と書籍代の払込用紙とが送付されます。
詳細は、ご遠慮なくお問い合わせください。

◆講座、および受講特典のお申込先は、下記をクリック
TOEIC講座申込
受講方法につきましては、必要となる、URL、ID、パスワード等、は、お申込後、個別にご連絡いたします。
その他、詳細につきましては、お気軽に、お問い合わせください。(メール、お電話等にて)

【講座紹介映像】【PV】0307037 東京五輪と切手ブームの時代【武蔵野大学生涯学習】

※映像/音声の著作権は武蔵野大学に帰属します。 許可なき転載複写並びに二次的利用は禁止いたします。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2021/07/03 前史:ビードロ・写楽・ご成婚
第2回 2021/07/10 五輪開催が決定、だが資金はどうする
第3回 2021/07/17 切手ブームの再燃
第4回 2021/07/24 生徒・児童の切手集めはまかりならぬ
第5回 2021/07/31 聖火リレーと沖縄切手
第6回 2021/08/07 いよいよ五輪開催

教材

『切手でたどる郵便創業150年の歴史Vol.1戦前編』 日本郵趣出版 2,530円(税込)
詳細はこちら

本講座受講生限定で、著者サイン本のご購入予約を承ります
お申込時に、ご希望の有無をお伝えください。代金等ご案内いたします。

・対面講座・・・開講日当日、書籍代金と引き換えでお渡しします。
・オンライン講座・Web視聴講座・・・講座受講料の入金後、出版社からご自宅宛てに、書籍と書籍代の払込用紙とが送付されます。

講師

内藤 陽介 (ないとう ようすけ)
郵便学者・ノンフィクション作家
1967年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。仏像関連のまとまった記述がある著書として、『解説・戦後記念切手』(全7巻+別冊1、日本郵趣出版 2001-09年)、『切手が伝える仏像:意匠と歴史』(彩流社 2009年)、『年賀状の戦後史』(角川oneテーマ新書 2011年)『蘭印戦跡紀行』(彩流社 2013年)、『日韓基本条約』(えにし書房 2020年)など。


メールのみ受付