0301037 〈山姥〉の魅力を探る~能と日本舞踊の視点から  

開講中止

講座概要

講座番号 0301037
期間 2021年9月24日
回数 1回
曜日
時間 14:00~15:30
定員 25 名
一般料金 3,000円
会場 三鷹サテライト教室

内容

※新型コロナウイルス感染症対応に伴う緊急事態宣言の延長、現在の感染状況によりWeb視聴講座に変更いたします。お申込みの皆様には個別にご連絡いたします。

中世芸能である能・狂言は近世芸能である歌舞伎・文楽、そして日本舞踊に多大な影響を与えました。能〈山姥〉は世阿弥が作った傑作として知られています。近世芸能には「山姥もの」と言われる作品が沢山あります。もちろん、能〈山姥〉を原作としたものですが、能〈山姥〉のイメージを膨らませている点が大変に興味深いところです。日本舞踊家の西川祐子先生をゲストにお迎えし、能と日本舞踊の〈山姥〉の比較を通じて、それぞれが描く美について深く考えます。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2021/09/24  

講師

三浦 裕子 (みうら ひろこ)
本学教授・本学能楽資料センター長
東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。
著書に『能・狂言の音楽入門』、『初めての能・狂言』(共著)、『面からたどる能楽百一番』など。


西川 祐子 (ニシカワ ユウコ)
日本舞踊家
日本舞踊家。西川扇藏(日本舞踊 西川流十世宗家・人間国宝)の長女。六歳より父に手ほどきを受ける。日本舞踊 西川流師範。祐子の会を主催。日本舞踊振興財団評議員、川村学園女子大学非常勤講師、むすびの会理事。文化庁芸術祭優秀賞など受賞。


開講中止