0407006 【Web視聴】歌舞伎を囃す生バンドー陰囃子の魅力と効果を探る  

受付中

講座概要

講座番号 0407006
期間 2022年4月20日 ~ 2022年6月28日
回数
曜日
時間 1.5時間(30分×3回)
定員
一般料金 2,600円
会場 Web視聴

内容

歌舞伎では様々な音楽が用いられています。なかでも舞台脇の小部屋で演奏される陰囃子(かげはやし)(黒御簾(くろみす)音楽・下座(げざ)音楽ともいう)の音楽は多種多様な楽器および道具を用いて、音楽面の演出を支えています。歌舞伎が上演されるごとに演奏されますので、生バンドということが言えます。
陰囃子に注目して歌舞伎を鑑賞すると、より立体的に作品を理解することができます。その魅力と効果を、歌舞伎舞踊〈連獅子〉を軸として、邦楽囃子家の福原鶴十郎先生に、演奏を交えてうかがいます。鶴十郎先生のお稽古場からお届けしますので、先生がご所蔵する数多くの楽器もご披露頂きます。Webならではの贅沢な講座です。

お知らせ---この講座のご受講につきまして---

◆講座のご視聴までのお手続き
・上記、講座概要にあります「期間」が、講座の視聴できる「視聴期間」に対応します。
・お申込後、ご登録のご住所に、「受講の手引き」「払込取扱票」を郵送いたします。
・「払込取扱票」にてお支払いください。ご入金確認後、視聴期間開始日前に、視聴に必要なURLとパスワード等を、お申込み時のメールアドレス宛にご連絡いたします。

◆Web視聴による講座の受講をご希望の方は、メールでもお申込みいただけます。
◇ご送付先:lifelong@musashino-u.ac.jp
◇お申込みメールに記載していただきたい項目
件名 「Web視聴講座 視聴希望」
本文
 ①登録番号※1
 ②ご氏名
 ③フリガナ
 ④お申込み講座番号
 ⑤講座名
 ⑥紙資料郵送希望の有無※2

※1 武蔵野大学生涯学習講座の「登録番号」をお持ちでない方(初めてお申込みされる方)は、
 ⑦郵便番号
 ⑧ご住所
 ⑨お電話番号 を追記。

※2 下記「教材」にてご案内の、紙資料として講座資料(レジュメ)郵送をご希望の方はその旨ご記入ください(紙資料は別途有料(概ね、講座90分あたり200円)になります)。

※講座のお申込み、映像/音声の視聴は、日本国内に住所を有する方に限らせていただきます。

教材

講座資料(レジュメ)は、メールまたはWeb配信いたしますが、紙資料として郵送をご希望の方は、講座お申込み時に合わせてお申込みください。実費相当分(200円)の追加有料となります。
講座資料(レジュメ)のみでのお申込みは、ご遠慮ください。

※紙資料郵送ご希望の方は、
詳細ページよりお申込みください。


講師の先生より受講生のみなさまへ(講座のご案内)


講師

三浦 裕子 (みうら ひろこ)
本学教授・本学能楽資料センター長
東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。
著書に『能・狂言の音楽入門』、『初めての能・狂言』(共著)、『面からたどる能楽百一番』など。


福原 鶴十郎 (ふくはら つるじゅうろう)
邦楽囃子家
1965年、邦楽囃子 福原流の福原鶴二郎の次男として生まれる。幼少のときより父から邦楽の手ほどきを受ける。高校進学後、福原鶴太郎師に入門し、プロとしての修業を始める。18歳から歌舞伎座・国立劇場における歌舞伎公演・舞踊会などに出演。1990年、初代福原鶴十郎となる。2005年、東京都大田区邦楽連盟会長に就任。2018年、和ごと株式会社を設立。現在、東京を拠点にしつつ各地で演奏活動を行うかたわら邦楽の指導と普及に当たる。


受付中