0407014 【Web視聴】明治時代に登場した、小さな可愛い絵雑誌と単行絵本  

受付中

講座概要

講座番号 0407014
期間 2022年4月20日 ~ 2022年7月5日
回数
曜日
時間 3時間(30分×6回)
定員
一般料金 2,600円
会場 Web視聴

内容

子どもの絵本といえば、明治の中頃までは江戸時代の赤本の流れをくむ粗雑なものばかりでした。これに憤慨した辻村秋峯(当時大阪朝日新聞記者)は、ほとんど自弁で「お伽絵解 こども」(明治37年創刊、不定期)という絵雑誌を発行します。これは大変評判が良く、さっそく東京でも絵雑誌が発行されるようになります。
後続絵雑誌の一つ、「幼年画報」の定期増刊号のなかに物語絵本があり、これが単行本絵本の誕生につながるという観方もありますが、明治41年には『お伽画帖』、明治44年には『日本一ノ画噺』という単行絵本シリーズが発行されます。いずれも文章は巌谷小波です。絵は『日本一ノ画噺』には杉浦非水(グラフィックデザインの創始者)らが担当しました。
これら新しく登場した絵雑誌や絵本には、子どもが眺めて楽しむ遊びの対象という捉え方が強く、販売は主に玩具専門店や百貨店(玩具売場)でした。こうした背景を交えて、近代の絵雑誌・絵本の先駆けとなった「お伽絵解 こども」と『日本一ノ画噺』のご紹介をします。

お知らせ---この講座のご受講につきまして---

◆講座のご視聴までのお手続き
・上記、講座概要にあります「期間」が、講座の視聴できる「視聴期間」に対応します。
・お申込後、ご登録のご住所に、「受講の手引き」「払込取扱票」を郵送いたします。
・「払込取扱票」にてお支払いください。ご入金確認後、視聴期間開始日前に、視聴に必要なURLとパスワード等を、お申込み時のメールアドレス宛にご連絡いたします。

◆Web視聴による講座の受講をご希望の方は、メールでもお申込みいただけます。
◇ご送付先:lifelong@musashino-u.ac.jp
◇お申込みメールに記載していただきたい項目
件名 「Web視聴講座 視聴希望」
本文
 ①登録番号※1
 ②ご氏名
 ③フリガナ
 ④お申込み講座番号
 ⑤講座名
 ⑥紙資料郵送希望の有無※2

※1 武蔵野大学生涯学習講座の「登録番号」をお持ちでない方(初めてお申込みされる方)は、
 ⑦郵便番号
 ⑧ご住所
 ⑨お電話番号 を追記。

※2 下記「教材」にてご案内の、紙資料として講座資料(レジュメ)郵送をご希望の方はその旨ご記入ください(紙資料は別途有料(概ね、講座90分あたり200円)になります)。

※講座のお申込み、映像/音声の視聴は、日本国内に住所を有する方に限らせていただきます。

教材

講座資料(レジュメ)は、メールまたはWeb配信いたしますが、紙資料として郵送をご希望の方は、講座お申込み時に合わせてお申込みください。実費相当分(400円)の追加有料となります。
講座資料(レジュメ)のみでのお申込みは、ご遠慮ください。

※紙資料郵送ご希望の方は、
詳細ページよりお申込みください。


講師の先生より受講生のみなさまへ(講座のご案内)


講師

永田 桂子 (ながた けいこ)
元本学非常勤講師
京都女子大学大学院家政学研究科児童学専攻修士課程修了(家政学修士)
武蔵野大学大学院人間社会・文化研究科人間社会専攻博士課程満期退学(学術博士)。絵本学会理事、日本児童文学学会理事を歴任。
『絵本観・玩具観の変遷』高文堂出版社、『よい「絵本」とは どんなもの?』『よい「おもちゃ」とは どんなもの?』いずれもチャイルド本社、『絵本という文化財に内在する機能』風間書房、他


受付中