0407020 【Web視聴】織田信長文書を読む―元亀争乱から天正へ―  

受付中

講座概要

講座番号 0407020
期間 2022年5月25日 ~ 2022年8月30日
回数
曜日
時間 4時間30分(30分×9回)
定員
一般料金 3,900円
会場 Web視聴

内容

信長が苦戦した元亀争乱もようやく終わるときがきました。元亀4年(1573)、信長は浅井長政と朝倉義景を滅亡に追い込みました。そして将軍義昭追放後、自らが義昭に代わって京都や畿内の統治に乗り出します。その頃から、信長は周囲から「上様」の称号で呼ばれるようになります。
新たな時代の到来を象徴するかのように、信長は正親町天皇に譲位を勧め、天皇家の代替わりを実現しようとしました。その結果はどうなったでしょうか?

お知らせ---この講座のご受講につきまして---

◆講座のご視聴までのお手続き
・上記、講座概要にあります「期間」が、講座の視聴できる「視聴期間」に対応します。
・お申込後、ご登録のご住所に、「受講の手引き」「払込取扱票」を郵送いたします。
・「払込取扱票」にてお支払いください。ご入金確認後、視聴期間開始日前に、視聴に必要なURLとパスワード等を、お申込み時のメールアドレス宛にご連絡いたします。

◆Web視聴による講座の受講をご希望の方は、メールでもお申込みいただけます。
◇ご送付先:lifelong@musashino-u.ac.jp
◇お申込みメールに記載していただきたい項目
件名 「Web視聴講座 視聴希望」
本文
 ①登録番号※1
 ②ご氏名
 ③フリガナ
 ④お申込み講座番号
 ⑤講座名
 ⑥紙資料郵送希望の有無※2

※1 武蔵野大学生涯学習講座の「登録番号」をお持ちでない方(初めてお申込みされる方)は、
 ⑦郵便番号
 ⑧ご住所
 ⑨お電話番号 を追記。

※2 下記「教材」にてご案内の、紙資料として講座資料(レジュメ)郵送をご希望の方はその旨ご記入ください(紙資料は別途有料(概ね、講座90分あたり200円)になります)。

※講座のお申込み、映像/音声の視聴は、日本国内に住所を有する方に限らせていただきます。

教材

講座資料(レジュメ)は、メールまたはWeb配信いたしますが、紙資料として郵送をご希望の方は、講座お申込み時に合わせてお申込みください。実費相当分(600円)の追加有料となります。
講座資料(レジュメ)のみでのお申込みは、ご遠慮ください。

※紙資料郵送ご希望の方は、
詳細ページよりお申込みください。


講師の先生より受講生のみなさまへ(講座のご案内)


講師

桐野 作人 (きりの さくじん)
本学政治経済研究所客員研究員・歴史作家
1954年鹿児島県生まれ。
歴史関係の出版社編集長から独立。主な著書に『織田信長―戦国最強の軍事カリスマ―』『だれが信長を殺したのか』『関ヶ原 島津退き口』『さつま人国誌』戦国・近世編1~3『薩摩の密偵 桐野利秋』2019年、『龍馬暗殺』で第29回高知出版学術賞特別賞を受賞。


受付中