0407023 【Web視聴】日本の郵便150年の歴史2 ー占領時代(1945年の終戦から1952年)ー

受付中

講座概要

講座番号 0407023
期間 2022年4月13日 ~ 2022年7月19日
回数
曜日
時間 7.5時間(30分×15回)
定員
一般料金 6,500円
会場 Web視聴

内容

1871年4月20日(明治4年3月1日)にわが国の近代郵便が創業され、最初の切手が発行されてから、150年が経過しました。今回の講座では、明治初年から1945(昭和20)年の大東亜戦争終戦までを扱った「日本の郵便150年の歴史1」に続き、1945年の終戦から1952(昭和27)年の講和独立までの占領時代の切手や郵便物について、当時の時代背景とともにわかりやすく解説していきます。
1945年の敗戦により、わが国は連合諸国の占領下に置かれ、戦前の大日本帝国は解体されました。占領下の“民主化”により、切手の表示も“大日本帝國郵便”から“日本郵便”に代わり、戦前の切手には掲げられていた菊花紋章も外されました。切手の題材も“民主国家”にふさわしいものに変更され、当時の日本社会を覆っていた猛烈なインフレは郵便料金にも反映されています。、また、戦後復興の進展に伴い、切手の品質も急速に改善されるなど、当時の歴史状況は切手や郵便物にもしっかりとその痕跡を残しています。今回の講座では、それらを丁寧に読み解きつつ、国際情勢の変化もふまえた戦後史をお話します。

第1回 占領時代の始まり
第2回 “民主化”と切手
第3回 見返り美人の時代
第4回 逓信省から郵政省へ
第5回 講和独立への途

この講座は、必携図書がございます。ご購入は、ご自身でお買い求めくださいますようおい願いします。
ご講義は、概ね、この図書に沿った内容となっております。
書名:切手でたどる郵便創業150年の歴史 Vol.2戦後編 著者:内藤陽介
出版社:日本郵便出版(2021年11月20発行) 価格:2,530円

お知らせ---この講座のご受講につきまして---

◆講座のご視聴までのお手続き
・上記、講座概要にあります「期間」が、講座の視聴できる「視聴期間」に対応します。
・お申込後、ご登録のご住所に、「受講の手引き」「払込取扱票」を郵送いたします。
・「払込取扱票」にてお支払いください。ご入金確認後、視聴期間開始日前に、視聴に必要なURLとパスワード等を、お申込み時のメールアドレス宛にご連絡いたします。

◆Web視聴による講座の受講をご希望の方は、メールでもお申込みいただけます。
◇ご送付先:lifelong@musashino-u.ac.jp
◇お申込みメールに記載していただきたい項目
件名 「Web視聴講座 視聴希望」
本文
 ①登録番号※1
 ②ご氏名
 ③フリガナ
 ④お申込み講座番号
 ⑤講座名
 ⑥紙資料郵送希望の有無※2

※1 武蔵野大学生涯学習講座の「登録番号」をお持ちでない方(初めてお申込みされる方)は、
 ⑦郵便番号
 ⑧ご住所
 ⑨お電話番号 を追記。

※2 下記「教材」にてご案内の、紙資料として講座資料(レジュメ)郵送をご希望の方はその旨ご記入ください(紙資料は別途有料(概ね、講座90分あたり200円)になります)。

※講座のお申込み、映像/音声の視聴は、日本国内に住所を有する方に限らせていただきます。

教材

講座資料(レジュメ)は、メールまたはWeb配信いたしますが、紙資料として郵送をご希望の方は、講座お申込み時に合わせてお申込みください。実費相当分(1000円)の追加有料となります。
講座資料(レジュメ)のみでのお申込みは、ご遠慮ください。

※紙資料郵送ご希望の方は、
詳細ページよりお申込みください。


本講座は、必携図書がございます。ご自身でお買い求めください。
ご講義の内容は、概ね、この図書に沿った内容です。

著書名:切手でたどる郵便創業150年の歴史 Vol.2戦後編 著者名:内藤陽介
出版社:日本郵便出版(2021年11月20発行) 価格:2,530円

講師の先生より受講生のみなさまへ(講座のご案内)


講師

内藤 陽介 (ないとう ようすけ)
郵便学者・ノンフィクション作家
1967年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。仏像関連のまとまった記述がある著書として、『解説・戦後記念切手』(全7巻+別冊1、日本郵趣出版 2001-09年)、『切手が伝える仏像:意匠と歴史』(彩流社 2009年)、『年賀状の戦後史』(角川oneテーマ新書 2011年)『蘭印戦跡紀行』(彩流社 2013年)、『日韓基本条約』(えにし書房 2020年)など。


受付中