0407034c 【Web視聴】「安寿と厨子王」の物語を読む ―説経「さんせう太夫」と森鷗外「山椒大夫」ー  

受付中

講座概要

講座番号 0407034c
期間 2022年5月11日 ~ 2022年8月9日
回数
曜日
時間 1.5時間(30分×3回)
定員
一般料金 1,300円
会場 Web視聴

内容

大正四年(1915)発表の森鷗外の小説「山椒大夫」は、「安寿と厨子王」の物語として良く知られています。実はこの「山椒大夫」は、中世から近世前期にかけて流行した語り物芸能である、説経「さんせう太夫」に基づいて執筆されました。その経緯は、随筆「歴史其儘と歴史離れ」に詳しく記され、鷗外が「山椒大夫」の執筆に、意欲的に取り組んでいたことが読み取れます。
鷗外の「山椒大夫」は、説経「さんせう太夫」を原話とした書き換えで、両者のあらすじ自体には、大きな違いはありません。しかし詳しく見ていくと、安寿の死の場面や結末部分など、物語の要所に興味深い相違点が含まれているのがわかります。
今回の講座では、森鷗外「山椒大夫」を適宜参照しながら、説経「さんせう太夫」を読みます。特に、両者の相違点を取り上げて比較検討することにより、近世から近代にかけての、人々の死生観・宗教観・倫理観等々の変化について、受講生の皆さんと考えます。同時に、文芸作品としての説経「さんせう太夫」と森鷗外「山椒大夫」の、構成や文体の魅力を味わいたいと思います。

お知らせ---この講座のご受講につきまして---

◆講座のご視聴までのお手続き
・上記、講座概要にあります「期間」が、講座の視聴できる「視聴期間」に対応します。
・お申込後、ご登録のご住所に、「受講の手引き」「払込取扱票」を郵送いたします。
・「払込取扱票」にてお支払いください。ご入金確認後、視聴期間開始日前に、視聴に必要なURLとパスワード等を、お申込み時のメールアドレス宛にご連絡いたします。

◆Web視聴による講座の受講をご希望の方は、メールでもお申込みいただけます。
◇ご送付先:lifelong@musashino-u.ac.jp
◇お申込みメールに記載していただきたい項目
件名 「Web視聴講座 視聴希望」
本文
 ①登録番号※1
 ②ご氏名
 ③フリガナ
 ④お申込み講座番号
 ⑤講座名
 ⑥紙資料郵送希望の有無※2

※1 武蔵野大学生涯学習講座の「登録番号」をお持ちでない方(初めてお申込みされる方)は、
 ⑦郵便番号
 ⑧ご住所
 ⑨お電話番号 を追記。

※2 下記「教材」にてご案内の、紙資料として講座資料(レジュメ)郵送をご希望の方はその旨ご記入ください(紙資料は別途有料(概ね、講座90分あたり200円)になります)。

※講座のお申込み、映像/音声の視聴は、日本国内に住所を有する方に限らせていただきます。

教材

講座資料(レジュメ)は、メールまたはWeb配信いたしますが、紙資料として郵送をご希望の方は、講座お申込み時に合わせてお申込みください。実費相当分(200円)の追加有料となります。
講座資料(レジュメ)のみでのお申込みは、ご遠慮ください。

※紙資料郵送ご希望の方は、
詳細ページよりお申込みください。


講師の先生より受講生のみなさまへ(講座のご案内)


講師

田草川 みずき (たくさがわ みずき)
千葉大学准教授・本学能楽資料センター研究員
千葉大学大学院人文科学研究院准教授。早稲田大学大学院博士後期課程単位取得退学。博士(文学)早稲田大学。専門は近世文学および日本古典演劇(特に人形浄瑠璃文楽・能)。早稲田大学演劇博物館助手、日本学術振興会特別研究員等を経て、千葉大学高等教育研究機構准教授、早稲田大学演劇博物館招聘研究員、武蔵野大学能楽資料センター非常勤研究員。
主要著書に『浄瑠璃と謡文化―宇治加賀掾から近松・義太夫へ』(早稲田大学出版部、2012年)。早稲田大学名誉教授・内山美樹子氏とともに、朝日新聞の文楽劇評を担当。第5回日本近世文学会賞(2009年)、第28回公益財団法人清栄会奨励賞(研究者部門・2015年)受賞。


受付中