0407036 【Web視聴】武士の権力論  

受付中

講座概要

講座番号 0407036
期間 2022年4月13日 ~ 2022年7月19日
回数
曜日
時間 7.5時間(30分×15回)
定員
一般料金 6,000円
会場 Web視聴

内容

こちらは、武士の権力論 の講座にあたって、
0407036a【Web視聴】鎌倉幕府倒幕後の新田義貞
0407036b【Web視聴】足利義教と天皇・公家衆
0407036c【Web視聴】鎌倉府における上杉氏(1)-足利氏と上杉憲顕ー
0407036d【Web視聴】織田信長と武田信玄
0407036e【Web視聴】「徳川四天王」の後継者たち
全5回お申込み用です。

武士と言っても時代によって、その社会的役割が大きく異なります。武士とはどういう存在か、皆さんと考える連続講座です。今回は鎌倉時代から戦国時代までを中心に取り上げます。


0407036a【Web視聴】鎌倉幕府倒幕後の新田義貞
講師:大正大学教授/三浦 龍昭 (みうら たつあき)
配信期間:4月13日 ~ 7月19日
時間:1.5時間(30分×3)
概要:
元弘3年(1333)5月8日、上野国にあった新田義貞はわずか150騎ばかりで挙兵し、鎌倉を目指して攻め上ります。武蔵国入間川・小手指原の合戦で勝利し勢いづいた義貞軍の軍勢は増え続け、ついに22日には鎌倉を攻め落とします。それまで150年以上続いた鎌倉幕府は一挙に滅亡しました。そうした華々しい活躍をした義貞でしたが、その後の彼の運命は主君となった後醍醐天皇、ライバルであった足利尊氏の二人によって翻弄されていきます。そして南北朝動乱の中、各地を転戦し、延元3年(1338)7月、ついに越前国藤島で不慮の死を迎えます。義貞が歴史の表舞台にでてから戦死するまではわずか5年あまりでした。この間、彼はなぜ戦い続けたのか。そして何を目指していたのか?本講義では、あまり注目されることのなかった、鎌倉幕府倒幕後の新田義貞についてみていきたいと思います。



0407036b 【Web視聴】足利義教と天皇・公家衆
講師:大正大学准教授/木下 昌規 (きのした まさき)
配信期間:4月13日 ~ 7月19日
時間:1.5時間(30分×3)
概要:
室町幕府第6代将軍足利義教は、後継者のいなかった第4代将軍足利義持の死後、歴史上唯一籤引きによって選ばれた「籤引き将軍」として知られています。さらに、義教は「嘉吉の乱(変)」と呼ばれる事件により、嘉吉元年(1441)、赤松氏により暗殺された将軍としても知られています。
義教については、以上のようなことが一般的に知られていますが、足利将軍家は、第3代足利義満以降、公武権力を掌握する「室町殿」として君臨したことはあまり知られていません。義教の時代は、天皇家では皇統の移動があったほか、義教による公家衆への弾圧といった統制を強めた時期でもありました。そこで、本講座では、「室町殿」義教と天皇家、公家衆との関係を中心に、義教の時代、政策などについてみていきます。



0407036c 【Web視聴】鎌倉府における上杉氏(1)~足利氏と上杉憲顕
講師:本学非常勤講師・武蔵野学院大学教授/高橋 恵美子 (たかはし えみこ)
配信期間:4月13日 ~ 7月19日
時間:1.5時間(30分×3)
概要:
鎌倉幕府滅亡から南北朝期の争乱を経て、幕府が京都室町に設置される一方で、鎌倉には尊氏の子息基氏を始めとする鎌倉公方がおかれ、後に鎌倉府として組織化します。同時に公方を補佐する役職として関東執事あるいは関東管領と呼ばれる存在も誕生し、南北朝の争乱期には高氏、上杉氏の両氏がその役を務めました。観応の擾乱を経て、上杉憲顕は越後国に隠居を余儀なくされますが、公方基氏の熱望により復職することとなります。本講座では上杉憲顕の当時の動きを史料、物語等から追い、争乱期を生き延びた武将の姿を確認します。



0407036d 【Web視聴】織田信長と武田信玄
講師:東洋大学文学部史学科非常勤講師、千葉県文書館県史・古文書課会計年度任用職員/柴 裕之 (しば ひろゆき)
配信期間:4月13日 ~ 7月19日
時間:1.5時間(30分×3)
概要:
戦国時代の「革命児」とされる織田信長と戦国大名の代表武田信玄。一般には対照的な存在として扱われる存在ですが、実際の両者は、どのような関係を展開し、やがて対立へと至っていくのか。中央や周辺の情勢も交えながら、その過程と実態を追います。また、併せてその両者の関係が、その果てにどのような事態をもたらしたのかをみていき、元亀~天正年間に至る政治情勢の展開を展望します。


0407036e 【Web視聴】「徳川四天王」の後継者たち
講師:日本大学准教授/小川 雄 (おがわ ゆう)
配信期間:4月13日 ~ 7月19日
時間:1.5時間(30分×3)
概要:
現在、酒井忠次・井伊直孝・本多忠勝・榊原康政は、「徳川四天王」と呼称されて、徳川家康の代表的な功臣とみなされています。その一方で、「四天王」の後継者たちは、「大老」として家光・家綱政権を支え、譜代筆頭の立場を確立した井伊直孝を除き、やや「地味」な印象があります。徳川権力の動向も、17世紀以降は本多正純・土井利勝・松平信綱など、将軍側近を中心に語られるようになります。
ですが、徳川将軍家の形成と発展においては、井伊直孝以外の「四天王」第二世代もそれぞれ重要な役割を担っています。とくに酒井家次は家康の従弟、本多忠政は家康の孫婿として、広義の一門という性格を帯び、全国支配の充実に貢献しました。榊原氏については、後継者の夭折が続いたものの、第三世代の榊原忠政は井伊直孝没後に将軍家の政務運営を支えることになります。こうした第二世代・第三世代の功績があったからこそ、「四天王」は後世に特別視されたと評しても過言ではありません。
本講義では、「徳川四天王」の後継者たちを通じて、徳川権力が地方大名から全国政権へと展開しながら、政権運営を安定させていく過程を概観します。




お知らせ---この講座のご受講につきまして---

◆講座のご視聴までのお手続き
・上記、講座概要にあります「期間」が、講座の視聴できる「視聴期間」に対応します。
・お申込後、ご登録のご住所に、「受講の手引き」「払込取扱票」を郵送いたします。
・「払込取扱票」にてお支払いください。ご入金確認後、視聴期間開始日前に、視聴に必要なURLとパスワード等を、お申込み時のメールアドレス宛にご連絡いたします。

◆Web視聴による講座の受講をご希望の方は、メールでもお申込みいただけます。
◇ご送付先:lifelong@musashino-u.ac.jp
◇お申込みメールに記載していただきたい項目
件名 「Web視聴講座 視聴希望」
本文
 ①登録番号※1
 ②ご氏名
 ③フリガナ
 ④お申込み講座番号
 ⑤講座名
 ⑥紙資料郵送希望の有無※2

※1 武蔵野大学生涯学習講座の「登録番号」をお持ちでない方(初めてお申込みされる方)は、
 ⑦郵便番号
 ⑧ご住所
 ⑨お電話番号 を追記。

※2 下記「教材」にてご案内の、紙資料として講座資料(レジュメ)郵送をご希望の方はその旨ご記入ください(紙資料は別途有料(概ね、講座90分あたり200円)になります)。

※講座のお申込み、映像/音声の視聴は、日本国内に住所を有する方に限らせていただきます。

教材

講座資料(レジュメ)は、メールまたはWeb配信いたしますが、紙資料として郵送をご希望の方は、講座お申込み時に合わせてお申込みください。実費相当分(200円)の追加有料となります。
講座資料(レジュメ)のみでのお申込みは、ご遠慮ください。

※紙資料郵送ご希望の方は、
詳細ページよりお申込みください。


講師の先生より受講生のみなさまへ(講座のご案内)


準備中です

講師

三浦 龍昭 (みうら たつあき)
大正大学教授
1975年鹿児島県生まれ。大正大学大学院文学研究科史学専攻博士課程修了。博士(文学)。現在、大正大学文学部歴史学科教授。
専門は日本中世政治史、とくに南北朝時代の政治史。日本古文書学会評議員・編集委員。
著書・論文に、『征西将軍府の研究』(青史出版、2009年)、『南朝研究の最前線』(共著 洋泉社、2016年)、『歴史と仏教』(共著 文化書院、2012年)、「南朝の綸旨について-後村上天皇綸旨の基礎的考察-」(阿部猛編『中世政治史の研究』、日本史史料研究会、2010年)など。


木下 昌規 (きのした まさき)
大正大学准教授
2006年3月 大正大学大学院文学研究科日本史専攻満期単位取得退学。博士(文学)。
専門は日本中世(室町・戦国)。大正大学綜合仏教研究所研究員を経て、現在、大正大学文学部准教授。主な著書は『戦国期足利将軍家の権力構造』(岩田書院)、『足利義晴と畿内動乱』(戎光祥出版)、『足利義輝と三好一族』(戎光祥出版)など。


高橋 恵美子 (たかはし えみこ)
本学非常勤講師・武蔵野学院大学教授
日本女子大学大学院文学研究科史学専攻博士課程後期修了。博士(文学)。
『中世結城氏の家伝と軍記』(勉誠出版、2010年)、「中世軍記史料における料紙表現」(湯山賢一編『古文書料紙論叢』所収、勉誠出版、2017年)等。


柴 裕之 (しば ひろゆき)
東洋大学文学部史学科非常勤講師、千葉県文書館県史・古文書課会計年度任用職員
1973年、東京都生まれ。東洋大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学、博士(文学・東洋大学)。
主要著書として、単著に『徳川家康―境界の領主から天下人へ―』(平凡社、2017年)、編著『図説 明智光秀』(戎光祥出版、2018年)、同『図説 豊臣秀吉』(戎光祥出版、2020年)、監修にすずき孔『マンガで読む 新研究 織田信長』(戎光祥出版、2018年)などがある。


小川 雄 (おがわ ゆう)
日本大学准教授
1979年神奈川県生まれ。東海大学文学部史学科卒業。日本大学大学院文学研究科史学専攻満期退学。修士(史学)。現在、日本大学文理学部准教授・清瀬市史専門調査員・西尾市史執筆員。専門は日本政治史。著書に『徳川権力と海上軍事』(岩田書院、2016年)、『水軍と海賊の戦国史』(平凡社、2020年)。編著に『戦国史研究会史料集2 徳川水軍関係文書』(戦国史研究会、2015年)。


受付中