0407037a 【Web視聴】江戸の文化と夏目漱石  

受付中

講座概要

講座番号 0407037a
期間 2022年4月6日 ~ 2022年7月12日
回数
曜日
時間 1.5時間(30分×3回)
定員
一般料金 1,300円
会場 Web視聴

内容

夏目漱石は江戸時代の末年の生まれで、明治の年号と満年齢が一致します。従って江戸の文化の名残の中で幼少のころを過ごしました。漱石の父は町名主と呼ばれる下級役人でした。いまも地名に残る「夏目坂」は漱石の業績でつけられたものではなく、父の屋敷があったことからそのように呼ばれていたのです。江戸文化が漱石に与えた影響について考えるとともに、江戸で生まれた話し言葉(口語)が、日本の近代文学の常用語となったことからも、江戸文化の影響は多大なものがあります。漱石の文学との関連から、改めて江戸とは何か、江戸の文化とは何かについて考えてみたいと思います。

お知らせ---この講座のご受講につきまして---

◆講座のご視聴までのお手続き
・上記、講座概要にあります「期間」が、講座の視聴できる「視聴期間」に対応します。
・お申込後、ご登録のご住所に、「受講の手引き」「払込取扱票」を郵送いたします。
・「払込取扱票」にてお支払いください。ご入金確認後、視聴期間開始日前に、視聴に必要なURLとパスワード等を、お申込み時のメールアドレス宛にご連絡いたします。

◆Web視聴による講座の受講をご希望の方は、メールでもお申込みいただけます。
◇ご送付先:lifelong@musashino-u.ac.jp
◇お申込みメールに記載していただきたい項目
件名 「Web視聴講座 視聴希望」
本文
 ①登録番号※1
 ②ご氏名
 ③フリガナ
 ④お申込み講座番号
 ⑤講座名
 ⑥紙資料郵送希望の有無※2

※1 武蔵野大学生涯学習講座の「登録番号」をお持ちでない方(初めてお申込みされる方)は、
 ⑦郵便番号
 ⑧ご住所
 ⑨お電話番号 を追記。

※2 本講座は、レジュメはございません。

※講座のお申込み、映像/音声の視聴は、日本国内に住所を有する方に限らせていただきます。

教材

本講座は、レジュメはございません。

講師の先生より受講生のみなさまへ(講座のご案内)


講師

三田 誠広 (みた まさひろ)
本学名誉教授・芥川賞作家・日本文藝家協会副理事長
1973年、早稲田大学文学部卒。
1977年、『僕って何』で芥川賞。
2019年3月まで武蔵野大学教授。
主な著書。『いちご同盟』『空海』『日蓮』『親鸞』『こころにとどく歎異抄』『源氏物語を反体制文学として読んでみる』


受付中