0407037c 【Web視聴】地誌に見る江戸の町の様子  

受付中

講座概要

講座番号 0407037c
期間 2022年4月6日 ~ 2022年7月12日
回数
曜日
時間 1.5時間(30分×3回)
定員
一般料金 1,300円
会場 Web視聴

内容

江戸は、江戸時代を通じて全国一の巨大都市として認識されてきました。将軍の御膝元として、幕府の首都機能を持ち、江戸城の周辺には全国の諸大名の藩邸や旗本屋敷が配置され、日本橋・京橋を中心に町が展開し、各所に寺社が建立されるなど、政治・経済・文化の中心地として、全国から人々が行き交い、繁栄し続けます。徳川家康が江戸に幕府を開いてから次第に発展を遂げて行きますが、本所・深川が新たに開発されるなど、地理的にも拡大していき、町や名所の数量を増大させながら、都市江戸の姿は変容し続けていきます。複雑に展開していく都市江戸のあらましをその都度に把握するために、「紫の一本」・「江戸砂子」・「江戸名所図会」など、観光案内書として多くの地誌が著され、増補改訂を重ねながら内容を充実させていきます。江戸の地誌に現れる都市江戸の発展の様子を見て行きます。

お知らせ---この講座のご受講につきまして---

◆講座のご視聴までのお手続き
・上記、講座概要にあります「期間」が、講座の視聴できる「視聴期間」に対応します。
・お申込後、ご登録のご住所に、「受講の手引き」「払込取扱票」を郵送いたします。
・「払込取扱票」にてお支払いください。ご入金確認後、視聴期間開始日前に、視聴に必要なURLとパスワード等を、お申込み時のメールアドレス宛にご連絡いたします。

◆Web視聴による講座の受講をご希望の方は、メールでもお申込みいただけます。
◇ご送付先:lifelong@musashino-u.ac.jp
◇お申込みメールに記載していただきたい項目
件名 「Web視聴講座 視聴希望」
本文
 ①登録番号※1
 ②ご氏名
 ③フリガナ
 ④お申込み講座番号
 ⑤講座名
 ⑥紙資料郵送希望の有無※2

※1 武蔵野大学生涯学習講座の「登録番号」をお持ちでない方(初めてお申込みされる方)は、
 ⑦郵便番号
 ⑧ご住所
 ⑨お電話番号 を追記。

※2 下記「教材」にてご案内の、紙資料として講座資料(レジュメ)郵送をご希望の方はその旨ご記入ください(紙資料は別途有料(概ね、講座90分あたり200円)になります)。

※講座のお申込み、映像/音声の視聴は、日本国内に住所を有する方に限らせていただきます。

教材

講座資料(レジュメ)は、メールまたはWeb配信いたしますが、紙資料として郵送をご希望の方は、講座お申込み時に合わせてお申込みください。実費相当分(200円)の追加有料となります。
講座資料(レジュメ)のみでのお申込みは、ご遠慮ください。

※紙資料郵送ご希望の方は、
詳細ページよりお申込みください。


講師の先生より受講生のみなさまへ(講座のご案内)


講師

中元 幸二 (なかもと こうじ)
品川区品川歴史館学芸員
昭和63年(1988)立正大学文学部史学科卒業。平成3年(1991)立正大学大学院文学研究科史学専攻修士課程修了。
平成2年(1990)~平成23年(2011)東京都公文書館専門員。平成23年(2011)~令和4年(2022)3月国分寺市ふるさと文化財課。令和4年(2022)4月~現職。
「北条氏所領役帳の諸本について」(神奈川地域史研究第15号、平成4年【1992】12月)
『寒川町史6 通史編 原始・古代・中世・近世』所収「第二部古代・中世 第三章南北朝・室町時代の寒川」(平成10年【1998】11月、寒川町)「中世相模における水系と開発」(神奈川地域史研究第26号、平成20年【2008】12月)


受付中