0407037 【Web視聴】伝統文化を考える 大江戸の復元  

受付中

講座概要

講座番号 0407037
期間 2022年4月6日 ~ 2022年7月12日
回数
曜日
時間 7.5時間(30分×15回)
定員
一般料金 6,000円
会場 Web視聴

内容

こちらは、伝統文化を考える 大江戸の復元 の講座にあたって、
0407037a 【Web視聴】江戸の文化と夏目漱石
0407037b 【Web視聴】鏑木清方と江戸の残り香
0407037c【Web視聴】地誌に見る江戸の町の様子
0407037d【Web視聴】江戸時代以前の街道・河川と寺院
0407037e【Web視聴】芭蕉の連句を読むー江戸時代と「連句」という文芸ー
全5回お申込み用です。

現在の私たちの生活の中から、江戸文化の痕跡を探ります。今回の大きなテーマは江戸で育まれた生活文化です。今回は大都市江戸の社現在の東京からその痕跡を探求する連続講座です。

0407037a 【Web視聴】江戸の文化と夏目漱石
講師:本学名誉教授・芥川賞作家・日本文藝家協会副理事長/三田 誠広 (みた まさひろ)
配信期間:4月6日 ~ 7月12日
時間:1.5時間(30分×3)
概要:
夏目漱石は江戸時代の末年の生まれで、明治の年号と満年齢が一致します。従って江戸の文化の名残の中で幼少のころを過ごしました。漱石の父は町名主と呼ばれる下級役人でした。いまも地名に残る「夏目坂」は漱石の業績でつけられたものではなく、父の屋敷があったことからそのように呼ばれていたのです。江戸文化が漱石に与えた影響について考えるとともに、江戸で生まれた話し言葉(口語)が、日本の近代文学の常用語となったことからも、江戸文化の影響は多大なものがあります。漱石の文学との関連から、改めて江戸とは何か、江戸の文化とは何かについて考えてみたいと思います。



0407037b 【Web視聴】鏑木清方と江戸の残り香
講師:郵便学者・ノンフィクション作家/内藤 陽介 (ないとう ようすけ)
配信期間:4月6日 ~ 7月12日
時間:1.5時間(30分×3)
概要:
日本を代表する美人画の巨匠、鏑木清方は、1878(明治11)年、東京・神田に生まれました。浮世絵師月岡芳年の門人、水野年方から絵の手ほどきを受け、挿絵画家としてデビューした後、鈴木春信や鳥居清長、勝川春章など江戸の浮世絵師たちの作品世界に傾倒し、たおやかで粋な独自の美人画を確立するとともに、明治の東京に残っていた江戸の記憶を作品の中に丁寧に描き留めました。今回の講座では、切手にも取り上げられ、広く国内外にも知られる清方の代表作や関連の作品などをいくつか取り上げ、江戸の残り香について考えてみたいと思います。



0407037c 【Web視聴】地誌に見る江戸の町の様子
講師:国分寺市ふるさと文化財課/中元 幸二 (なかもと こうじ)
配信期間:4月6日 ~ 7月12日
時間:1.5時間(30分×3)
概要:
江戸は、江戸時代を通じて全国一の巨大都市として認識されてきました。将軍の御膝元として、幕府の首都機能を持ち、江戸城の周辺には全国の諸大名の藩邸や旗本屋敷が配置され、日本橋・京橋を中心に町が展開し、各所に寺社が建立されるなど、政治・経済・文化の中心地として、全国から人々が行き交い、繁栄し続けます。徳川家康が江戸に幕府を開いてから次第に発展を遂げて行きますが、本所・深川が新たに開発されるなど、地理的にも拡大していき、町や名所の数量を増大させながら、都市江戸の姿は変容し続けていきます。複雑に展開していく都市江戸のあらましをその都度に把握するために、「紫の一本」・「江戸砂子」・「江戸名所図会」など、観光案内書として多くの地誌が著され、増補改訂を重ねながら内容を充実させていきます。江戸の地誌に現れる都市江戸の発展の様子を見て行きます。



0407037d 【Web視聴】江戸時代以前の街道・河川と寺院
講師:本学教養教育リサーチセンター研究員・東京大学史料編纂所非常勤職員/生駒 哲郎 (いこま てつろう)
配信期間:4月6日 ~ 7月12日
時間:1.5時間(30分×3)
概要:
江戸時代の江戸の街道は、東海道、東山道、水戸街道など江戸に向かってのびていますが、江戸以前の街道は江戸ではなく鎌倉に向かってのびています。この鎌倉に向かう街道に現在でも寺院が点在しています。
また、江戸は関東平野のなかにありますが、そこに流れる河川沿いにも寺院が多数所在しています。
今回の講座では、街道と河川をキーワードに寺院の分布を検討します。具体的には石神井川(荒川水系)の三宝寺(さんぽうじ)(練馬区)と野川(多摩川水系)の深大寺(じんだいじ)(調布市)を中心に両寺の江戸時代における末寺の分布から江戸時代以前の街道・河川の役割と両寺の勢力範囲について考えます。両寺の末寺の分布を見ますと、勢力範囲の境界が武蔵野市と三鷹市の境界あたりにあることを確認したいと思います。また、そのことの意味を皆さんと考えたいと思います。


0407037e 【Web視聴】芭蕉の連句を読む―江戸時代と「連句」という文芸―
講師:本学非常勤講師/永田 英理 (ながた えり)
配信期間:4月6日 ~ 7月12日
時間:1.5時間(30分×3)
概要:
「連句」とは、付合(つけあい)文芸という種類の詩です。付合文芸とは、「五・七・五」と「七・七」を交互に詠み連ねながら、次々にその世界を転じさせてゆく形式の詩のことをいいます。
現在、「俳句」は多くの人たちに親しまれていますが、江戸時代に、庶民から大名に至るまで幅広く流行していたのは、「連句」の方でした。芭蕉自身も、「自分は発句(俳句)よりも連句の方が得意である」と言っていたくらいです。芭蕉が自負していた「連句」を、一緒に読んでみませんか。
本講座では、初めて「連句」(付合文芸)という文芸に触れる人たちのために、「連句」の仕組みや味わい方をまずは簡単に解説します。そのあとに、芭蕉の詠んだ(付けた)連句作品の一部を、少しずつではありますが、味わってみたいと思います。




お知らせ---この講座のご受講につきまして---

◆講座のご視聴までのお手続き
・上記、講座概要にあります「期間」が、講座の視聴できる「視聴期間」に対応します。
・お申込後、ご登録のご住所に、「受講の手引き」「払込取扱票」を郵送いたします。
・「払込取扱票」にてお支払いください。ご入金確認後、視聴期間開始日前に、視聴に必要なURLとパスワード等を、お申込み時のメールアドレス宛にご連絡いたします。

◆Web視聴による講座の受講をご希望の方は、メールでもお申込みいただけます。
◇ご送付先:lifelong@musashino-u.ac.jp
◇お申込みメールに記載していただきたい項目
件名 「Web視聴講座 視聴希望」
本文
 ①登録番号※1
 ②ご氏名
 ③フリガナ
 ④お申込み講座番号
 ⑤講座名
 ⑥紙資料郵送希望の有無※2

※1 武蔵野大学生涯学習講座の「登録番号」をお持ちでない方(初めてお申込みされる方)は、
 ⑦郵便番号
 ⑧ご住所
 ⑨お電話番号 を追記。

※2 下記「教材」にてご案内の、紙資料として講座資料(レジュメ)郵送をご希望の方はその旨ご記入ください(紙資料は別途有料(概ね、講座90分あたり200円)になります)。

※講座のお申込み、映像/音声の視聴は、日本国内に住所を有する方に限らせていただきます。

教材

講座資料(レジュメ)は、メールまたはWeb配信いたしますが、紙資料として郵送をご希望の方は、講座お申込み時に合わせてお申込みください。実費相当分(200円)の追加有料となります。
講座資料(レジュメ)のみでのお申込みは、ご遠慮ください。

※紙資料郵送ご希望の方は、
詳細ページよりお申込みください。

講師

三田 誠広 (みた まさひろ)
本学名誉教授・芥川賞作家・日本文藝家協会副理事長
1973年、早稲田大学文学部卒。
1977年、『僕って何』で芥川賞。
2019年3月まで武蔵野大学教授。
主な著書。『いちご同盟』『空海』『日蓮』『親鸞』『こころにとどく歎異抄』『源氏物語を反体制文学として読んでみる』


内藤 陽介 (ないとう ようすけ)
郵便学者・ノンフィクション作家
1967年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。仏像関連のまとまった記述がある著書として、『解説・戦後記念切手』(全7巻+別冊1、日本郵趣出版 2001-09年)、『切手が伝える仏像:意匠と歴史』(彩流社 2009年)、『年賀状の戦後史』(角川oneテーマ新書 2011年)『蘭印戦跡紀行』(彩流社 2013年)、『日韓基本条約』(えにし書房 2020年)など。


中元 幸二 (なかもと こうじ)
品川区品川歴史館学芸員
昭和63年(1988)立正大学文学部史学科卒業。平成3年(1991)立正大学大学院文学研究科史学専攻修士課程修了。
平成2年(1990)~平成23年(2011)東京都公文書館専門員。平成23年(2011)~令和4年(2022)3月国分寺市ふるさと文化財課。令和4年(2022)4月~現職。
「北条氏所領役帳の諸本について」(神奈川地域史研究第15号、平成4年【1992】12月)
『寒川町史6 通史編 原始・古代・中世・近世』所収「第二部古代・中世 第三章南北朝・室町時代の寒川」(平成10年【1998】11月、寒川町)「中世相模における水系と開発」(神奈川地域史研究第26号、平成20年【2008】12月)


生駒 哲郎 (いこま てつろう)
本学教養教育リサーチセンター研究員・東京大学史料編纂所非常勤職員
専門は日本中世宗教史、日本古文書学会編集・大会運営委員。立正大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程満期退学。
山梨県身延山久遠寺、大田区池上本門寺、石川県羽咋市妙成寺などの史料調査委員を経て、現在、武蔵野大学教養教育リサーチセンター研究員・東京大学史料編纂所非常勤職員・東京都渋谷区文化財審議員。
主要著書日本の名僧6『重源:旅の勧進聖』(共著 吉川弘文館)、『中世の寺院体制と社会』(共著 吉川弘文館)、『中世の寺院と都市・権力』(共著 山川出版社)、『山岳信仰と村落社会』(共著 岩田書院)など。


永田 英理 (ながた えり)
本学非常勤講師
武蔵野大学・白百合女子大学非常勤講師。早稲田大学大学院博士後期課程修了。博士(学術)。専門は俳文学で、松尾芭蕉の俳諧や俳論を研究している。著書『蕉風俳論の付合文芸史的研究』(ぺりかん社、2007年)、共著『連歌辞典』(東京堂出版、2010年)、『『おくのほそ道』解釈事典―諸説一覧』(東京堂出版、2003年)など。


受付中