0401025 能の見方・味わい方 入門編3  

受付中

講座概要

講座番号 0401025
期間 2022年7月12日 ~ 2022年8月2日
回数 4回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 20 名
一般料金 8,000円
会場 三鷹サテライト教室

内容

入門編の1と2では能の歴史的展開、作者と作品、そして流派と演者、劇構造と演技を概観してきましたが、入門編3では、能の演技・演出の基礎的な要素である謡、型(舞と所作)、囃子、面・装束それぞれの技法について、視聴覚資料を用いながら、お話しします。それによって能の演技にはどういう特徴があるのか、どのように見ればよいのか、どのように聴けばよいのかを認識していただきたいと思います。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2022/07/12 謠の技法――旋律とリズムの構造
第2回 2022/07/19 型の技法――所作の単元、舞の種類
第3回 2022/07/26 囃子の技法――笛・小鼓・大鼓・太鼓の役割
第4回 2022/08/02 面・装束の技法――コスチューム・プレイとしての能

講師

羽田 昶 (はた ひさし)
本学客員教授・元本学能楽資料センター長
1939年(昭和14)東京生。國學院大學文学部卒。海城高等学校・開成高等学校教諭、東京国立文化財研究所芸能部研究員、室長を経て、2000-2010年(平成12-22)武蔵野女子大学(武蔵野大学)教授。その間、2002年(平成14)より同大学能楽資料センター長。現在、武蔵野大学客員教授、同大学能楽資料センター研究員。専攻は能・狂言を中心とする演劇研究。観世寿夫記念法政大学能楽賞受賞。
著書(共著)に『狂言・鑑賞のために』(1974、保育社)、『能・本説と展開』(1977、桜楓社)、『能の作者と作品』(1987、岩波書店)、『能の囃子事』(1990、音楽之友社)、『能楽大事典』(2012、筑摩書房)、『昭和の能楽 名人列伝』(2017、淡交社)ほか。


PDFパンフレット

受付中