0401027 能〈班女〉の魅力を読み解く ― キーワード「扇」「待つ」を中心に―

開講済

講座概要

講座番号 0401027
期間 2022年8月26日
回数 1回
曜日
時間 13:00~14:30
定員 20 名
一般料金 2,000円
会場 三鷹サテライト教室

内容

能〈班女〉は世阿弥の傑作です。秋に捨てられる夏の扇にわが身を重ねた班倢伃(はんしょうよ)が詠んだ詩「怨歌行(えんかこう)」を踏まえたものです。つまり「夏の扇」が〈班女〉のキーワードとなっていると言えます。加えて「待つ」という行為も重要なテーマです。これは三島由紀夫『近代能楽集』の「班女」を講読すると、より明らかになると思います。以上のことから、本講座では「扇」「待つ」を軸に能〈班女〉の魅力を考えていきます。
なお、講座の最初に能の基本的知識をお話しするようにいたします。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2022/08/26  

教材

【必携テキスト】
『対訳でたのしむ班女』檜書店 550円
※上記教材をお持ちでない方は、
詳細ページよりご購入ください。

講師

三浦 裕子 (みうら ひろこ)
本学教授・本学能楽資料センター長
東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。
著書に『能・狂言の音楽入門』、『初めての能・狂言』(共著)、『面からたどる能楽百一番』など。


PDFパンフレット

開講済