0401028 楽しく読む万葉集―万葉集入門―  

満員御礼

講座概要

講座番号 0401028
期間 2022年7月26日 ~ 2022年9月27日
回数 4回
曜日
時間 10:00~11:30
定員 20 名
一般料金 8,000円
会場 三鷹サテライト教室

内容

日本古典和歌の集成で、最古・最大(歌数最多)の「万葉集」は、大変謎の多い歌集で、誰が最終編集者であるのか明確でないうえ、苦労した手段で筆録されて、「万葉集仮名」という表記も色々問題が残っています。しかし、幸い、既に平安時代から始まった多くの研究者の手によって、ほとんど解明され、読めるようになっています。難しい問題はさておき、万葉集の著名な歌人の作品をとりあげ注釈し、鑑賞してゆきましょう。

<持ち物>
①テキストは『万葉集』の旧版角川文庫・旧版岩波文庫など。全歌の入っているものなら可。注釈のついていないものでも可。但し、国歌大観番号のついているもの。
②古語辞典
③配布プリント

スケジュール

  日程 内容
第1回 2022/07/26 志貴皇子の歌
第2回 2022/08/09 高市黒人の歌、長意吉麻呂の歌
第3回 2022/09/13 山上意良の歌
第4回 2022/09/27 大伴旅人の歌

教材

<講義必携テキスト>
万葉集(大部なので、旧版の岩波文庫や角川文庫のもので、全歌入っているもの)
(全歌の入っているものなら、どこのでもよい。但し「白文」たけのものは、不可。)

和歌の注解などは毎回手書きのプリントを用意しますので、テキストは全歌のはいっているもので、注解の入っていないものでよいです。(入っているものは、もちろん可)

講師

上村 正人 (かみむら まさと)
元武蔵野女子学院中学高校教員
1938年生まれ。1960年、東京学芸大学乙類国語科(漢文専攻)卒。同年武蔵野女子学院中学高校国語科教諭(古文・漢文・現代文担当)。2003年3月、同上校定年退職。その間、東京学芸大学名誉教授・故安良岡康作氏(中世文学・国語教育専攻)に師事し日本中世文学を中心に研究。中世文学会、仏教文学会、解釈学会、日本文学協会にも所属してきた。なお本学生涯学習講座においては、「西行の和歌」「徒然草(抜粋)」「方丈記」「奥の細道」「野ざらし紀行」「鹿島詣」「笈の小文」「更科紀行」「嵯峨日記」「百人一首」「伊勢物語」「西行の歌と人生」「紀貫之の文学(「土佐日記」「古今集」)」「和歌文学史入門」「十六夜日記」「とはずがたり」「建礼門院右京大夫集」「平家物語」、「源氏物語宇治十帖」をとりあげている。


PDFパンフレット

満員御礼