0401032 平安女流文学日記の世界(後半)  

受付中

講座概要

講座番号 0401032
期間 2022年7月12日 ~ 2022年9月20日
回数 6回
曜日
時間 15:00~16:30
定員 20 名
一般料金 12,000円
会場 三鷹サテライト教室

内容

平安時代の貴族女性が書き残した日記が、今日まで読み継がれています。
仮名で日記を書くという、「土佐日記」の新しい試みを引き継ぐ形で、彼女たちは何をどのように綴っていったのか。本講座では、平安女流日記の代表作「蜻蛉日記」「和泉式部日記」「更級日記」の主要場面を取り上げて、千年前の女性たちの思いに触れてみたいと思います。
また活字で読むだけでなく、現存する写本を用いて、くずし字の読み方も学んでいきます。
(今期は、和泉式部日記(後半)と更級日記)

スケジュール

  日程 内容
第1回 2022/07/12  
第2回 2022/07/26  
第3回 2022/08/09  
第4回 2022/08/23  
第5回 2022/09/06  
第6回 2022/09/20  

教材

【必携テキスト】
『王朝日記選』和泉書院1,650 円
※上記教材をお持ちでない方は、
詳細ページよりご購入ください。

講師

津島 知明 (つしま ともあき)
國學院大学講師
1959年生まれ。國學院大學大学院博士課程修了。博士(文学)。
國學院大學ほか、数々の大学・カルチャー教室にて古典文学の講座を持つ。
著書に『ウェイリーと読む枕草子』『動態としての枕草子』『枕草子論究』、編著に『新編枕草子』『枕草子 創造と新生』など。


PDFパンフレット

受付中