0407058 【Web視聴】夏目漱石『こころ』の謎を解く  

受付中

講座概要

講座番号 0407058
期間 2022年7月13日 ~ 2022年9月13日
回数
曜日
時間 6時間(30分×12回)
定員
一般料金 5,200円
会場 Web視聴

内容

『こころ』は漱石の晩年の大作で教科書に掲載されたことから最も多く読まれている作品といっていいでしょう。しかしながらこの作品には深い謎が秘められています。主人公の「先生」がなぜ作品の最後で遺書のような文章を残して姿を消してしまうのか。漱石が初期の作品から生涯を通じて繰り返し描いている「恋の三角関係」という物語構造の例を一つ一つ検証しながら、漱石が最終的に描きたかった人物像と、作品を書き続けた動機や目的について『こころ』の謎を解き明かしていきたいと思います。

1 夏目漱石の恋愛観と『坊っちゃん』『三四郎』について
2 『それから』『門』に見られる「恋の三角関係」の推移
3 後期の深遠な恋愛観と『行人』から『こころ』へ
4 「三角関係」という構造と『こころ』の謎について

お知らせ---この講座のご受講につきまして---

◆講座のご視聴までのお手続き
・上記、講座概要にあります「期間」が、講座の視聴できる「視聴期間」に対応します。
・お申込後、ご登録のご住所に、「受講の手引き」「払込取扱票」を郵送いたします。
・「払込取扱票」にてお支払いください。ご入金確認後、視聴期間開始日前に、視聴に必要なURLとパスワード等を、お申込み時のメールアドレス宛にご連絡いたします。

◆Web視聴による講座の受講をご希望の方は、メールでもお申込みいただけます。
◇ご送付先:lifelong@musashino-u.ac.jp
◇お申込みメールに記載していただきたい項目
件名 「Web視聴講座 視聴希望」
本文
 ①登録番号※1
 ②ご氏名
 ③フリガナ
 ④お申込み講座番号
 ⑤講座名
 ⑥紙資料郵送希望の有無※2

※1 武蔵野大学生涯学習講座の「登録番号」をお持ちでない方(初めてお申込みされる方)は、
 ⑦郵便番号
 ⑧ご住所
 ⑨お電話番号 を追記。


※講座のお申込み、映像/音声の視聴は、日本国内に住所を有する方に限らせていただきます。

教材

講師の先生より受講生のみなさまへ(講座のご案内)


講師

三田 誠広 (みた まさひろ)
本学名誉教授・芥川賞作家・日本文藝家協会副理事長
1973年、早稲田大学文学部卒。
1977年、『僕って何』で芥川賞。
2019年3月まで武蔵野大学教授。
主な著書。『いちご同盟』『空海』『日蓮』『親鸞』『こころにとどく歎異抄』『源氏物語を反体制文学として読んでみる』


受付中