0407082a 【Web視聴】今川氏対織田氏― 桶狭間合戦のまえとあと― 日本史の動乱と政変―近世・現代―

受付中

講座概要

講座番号 0407082a
期間 2022年8月24日 ~ 2022年11月1日
回数
曜日
時間 1.5時間(30分×3回)
定員
一般料金 1,300円
会場 Web視聴

内容

戦国期の「外交」には、大名や「国衆」たちの対立、あるいは合戦・和睦といった厳しい問題も含まれます。
本講座では、駿河・遠江の戦国大名今川氏が、三河国の「国衆」と対峙して三河を領域下に取り込む状況を示す一方で、対立状況にあった尾張国の戦国大名織田氏がどのように三河に関わっていたのか、具体的に紹介します。とりわけ後に天下人となった織田信長との確執、さらには桶狭間合戦と今川・織田双方の合戦後についても「外交」の視点から提示し、両者の交渉相手を検討することでそれぞれの〝外交手腕〟を解き明かします。

お知らせ---この講座のご受講につきまして---

◆講座のご視聴までのお手続き
・上記、講座概要にあります「期間」が、講座の視聴できる「視聴期間」に対応します。
・お申込後、ご登録のご住所に、「受講の手引き」「払込取扱票」を郵送いたします。
・「払込取扱票」にてお支払いください。ご入金確認後、視聴期間開始日前に、視聴に必要なURLとパスワード等を、お申込み時のメールアドレス宛にご連絡いたします。

◆Web視聴による講座の受講をご希望の方は、メールでもお申込みいただけます。
◇ご送付先:lifelong@musashino-u.ac.jp
◇お申込みメールに記載していただきたい項目
件名 「Web視聴講座 視聴希望」
本文
 ①登録番号※1
 ②ご氏名
 ③フリガナ
 ④お申込み講座番号
 ⑤講座名
 ⑥紙資料郵送希望の有無※2

※1 武蔵野大学生涯学習講座の「登録番号」をお持ちでない方(初めてお申込みされる方)は、
 ⑦郵便番号
 ⑧ご住所
 ⑨お電話番号 を追記。

※2 下記「教材」にてご案内の、紙資料として講座資料(レジュメ)郵送をご希望の方はその旨ご記入ください(紙資料は別途有料(概ね、講座90分あたり200円)になります)。

※講座のお申込み、映像/音声の視聴は、日本国内に住所を有する方に限らせていただきます。

教材

講座資料(レジュメ)は、メールまたはWeb配信いたしますが、紙資料として郵送をご希望の方は、講座お申込み時に合わせてお申込みください。実費相当分(90分あたり200円)の追加有料となります。
講座資料(レジュメ)のみでのお申込みは、ご遠慮ください。

※紙資料郵送ご希望の方は、
詳細ページよりお申込みください。


講師の先生より受講生のみなさまへ(講座のご案内)


講師

大石 泰史 (おおいし やすし)
静岡市文化財保護審議会委員・浜松城跡保存活用検討会委員
1965年生まれ。東洋大学文学部卒。東洋大学大学院修士課程修了。
現在、博物館展示プランニングを提案する大石プランニング主宰。
著書:『今川氏滅亡』(角川選書、2018)/『井伊氏サバイバル500年』(星海社新書、2017)
編著書:『今川氏年表』(高志書院、2017)/『今川氏家研究の最前線』(洋泉社新書、2017)/『全国国衆ガイド〝戦国の地元の殿様〟たち』(星海社新書、2015)、
編集史料集:『戦国史研究会史料集5 井伊直政文書集』(戦国史研究会、2017)/『戦国遺文』今川氏編 第1~5巻(東京堂出版、2010~2015)


受付中