0501077 日本仏教の流れから学ぶ  

電話のみ受付

講座概要

講座番号 0501077
期間 2024年1月31日 ~ 2024年3月27日
回数 5回
曜日
時間 15:00~16:30
定員 40 名
一般料金 12,500円
会場 三鷹サテライト教室

内容


開講日が変更となりました。

1/17 → 3/27

明治から昭和期は、国家の動向の複雑な流れと、外国からの新しい思想・宗教やものの見方が入り、国威発揚と富国強兵という指針のもとにあって、仏教界の動きはさまざまであった。とくに神道奨励は、天皇親政の強化と相まって、広く強い影響力を及ぼした。
既成の仏教界は、全般的に国家の意志に従う方向にあり、日清・日露戦争から日中戦争、太平洋戦争に至るまで協力的な方向であった。
加えて、宗教的な複雑さは、第二次新宗教の出現が相次いだことでなおさら増していった。それに宗教外の宗教活動も盛んに行われ、いっそう多岐にわたることになった。
とくに、昭和期になってからの新宗教の活動は活発化し、全国に勢力は拡大し、地盤を明確なものにしていった。なかでも神道系と日蓮系の新宗教の活動が大きな勢力を形づくっていくようになった。
戦前(1945年8月以前)の宗教の動向をみてみると、現在の私たちが私のこととして考えるべきことが必然的に出てくる。条件つきの明治憲法でも現行憲法でも、信教の自由はずっと保証されている。それは、信じることの自由のみならず、ひとりの人として、戦争責任や人権、差別そしていのちと生きることへのアプローチをすることにつながる。現代の宗教の意義として考える学びを続けたい。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2024/01/31 明治・大正期の仏教界と仏教外の宣教活動と第二次新宗教
第2回 2024/02/14 明治・大正期の仏教界と仏教外の宣教活動と第二次新宗教
第3回 2024/02/28 昭和期の新宗教の活動
第4回 2024/03/13 昭和期の新宗教の活動
第5回 2024/03/27 昭和動乱期の仏教界

講師

小笠原 博慧 (おがさわら ひろとし)
福泉寺住職・本願寺派布教師
1941年生まれ。1965年、私立高校教諭(漢文)。1974年、公立高校教諭(国語)。1994年、武蔵野女子学院高校教頭。1999年、同中学・高校校長。その間1975年、國學院大學講師(漢文学)。1982年、市立大月短期大学講師(文学、日本語)。1988年、武蔵野女子大学講師(仏教学、日本仏教史)。同大学仏教文化研究所所員。1988年、福泉寺住職。


PDFパンフレット

電話のみ受付

  • 資料請求
  • 申込リストを見る
  • ログインページへ

講座一覧

  • 専門職のための研修会・講習会

連絡先

武蔵野大学
社会響創センター
(エクステンションセンター)

  • 〒202-8585
    東京都西東京市新町1-1-20
  • TEL:042-468-3222
  • 受付時間:
    平日 9:30~16:30
    (祝日を除く)