0501092 畜生・餓鬼・地獄の三悪道の世界を考える  

電話のみ受付

講座概要

講座番号 0501092
期間 2024年1月22日 ~ 2024年4月1日
回数 5回
曜日
時間 10:00~11:30
定員 40 名
一般料金 12,500円
会場 三鷹サテライト教室

内容


開講日が変更となりました。

1/15 → 1/22
※1/22と2/26の教室は6階小教室です。

仏教には六道という六つの迷いの世界があると考えられています。六道のなかでも畜生・餓鬼・地獄は三悪道とされます。中世の史料に「悪道」、「悪趣」などの記事がみられますが、悪道とは地獄ばかりとは限りません。「悪道」、「悪趣」とは、これら畜生・餓鬼・地獄を含めた意味で語られる場合があります。
六道のなかでも私たちの世界である人間界を含めた天・人・修羅の三善道と三悪道では何が異なっているのか。悪道は来世に堕ちたくない世界であることはわかるのですが、善道と悪道の違いから、因果応報や来世と言った現代人と異なっていた中世人の仏教に対する観念を考えます。こうした中世人の感覚を踏まえて、古典や説話を読むと、また違った中世像が見えてくると思います。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2024/01/22 餓鬼の転生① (6階 小教室)
第2回 2024/01/29 餓鬼の転生②
第3回 2024/02/26 さまざまな餓鬼 (6階 小教室)
第4回 2024/03/18 三悪道の衆生①
第5回 2024/04/01 三悪道の衆生②

教材

【必携テキスト】
『畜生・餓鬼・地獄の中世仏教史 因果応報と悪道』 吉川弘文館 1870円(税込)
※上記教材をお持ちでない方は、詳細ページよりご購入ください。

講師

生駒 哲郎 (いこま てつろう)
本学教養教育リサーチセンター研究員・東京大学史料編纂所史料情報管理チーム
専門は日本中世宗教史、日本古文書学会編集・大会運営委員。立正大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程満期退学。
山梨県身延山久遠寺、大田区池上本門寺、石川県羽咋市妙成寺などの史料調査委員を経て、現在、本学教養教育リサーチセンター研究員・東京大学史料編纂所非常勤職員・東京都渋谷区文化財審議員。
主要著書日本の名僧6『重源:旅の勧進聖』(共著 吉川弘文館)、『中世の寺院体制と社会』(共著 吉川弘文館)、『中世の寺院と都市・権力』(共著 山川出版社)、『山岳信仰と村落社会』(共著 岩田書院)など。


PDFパンフレット

電話のみ受付

  • 資料請求
  • 申込リストを見る
  • ログインページへ

講座一覧

  • 専門職のための研修会・講習会

連絡先

武蔵野大学
社会響創センター
(エクステンションセンター)

  • 〒202-8585
    東京都西東京市新町1-1-20
  • TEL:042-468-3222
  • 受付時間:
    平日 9:30~16:30
    (祝日を除く)