0501094 寺院の法会を再興する ー醍醐寺竪義会を通してー

電話のみ受付

講座概要

講座番号 0501094
期間 2024年1月12日 ~ 2024年3月22日
回数 5回
曜日
時間 10:00~11:30
定員 40 名
一般料金 12,500円
会場 三鷹サテライト教室

内容


開講日が変更となりました。

3/8 → 3/1

明治維新政府による神仏分離令で日本の寺院社会は大きな打撃を蒙りました。古代から寺院社会が仏法受容の術としてきた諸宗兼学は否定され、一寺一宗による宗派再編のなかで、多くの寺院が創建期から継承してきた仏法や法会を失い、今やその記憶も消えつつあります。さて京都醍醐寺に、平安時代に生まれ江戸時代初めに一旦再興の後に中絶し、今はその名称のみが残る「竪義会」という法会があります。この法会が令和3年に再興され、現在は恒例の法会とされ、創始以来の先例により、奈良東大寺との連携で勤修されています。廃絶した法会はどのようにして再興できるのか、また法会再興は今の寺院にとってどのような意味があるのかを考えることにします。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2024/01/12 醍醐寺創建と聖宝僧正
第2回 2024/02/02 醍醐寺の仏法と竪義会
第3回 2024/02/09 義演准后の竪義会再興
第4回 2024/03/01 東大寺方広会と醍醐寺竪義会

開講日が変更となりました。
3/8 → 3/1
第5回 2024/03/22 再興された醍醐寺竪義会

講師

永村 眞 (ながむら まこと)
日本女子大学名誉教授・東大寺学術顧問
熊本県生れ、早稲田大学政治経済学部経済学科卒、同大学院文学研究科博士課程中退、東京大学史料編纂所助手・助教授、日本女子大学文学部助教授・教授を経て日本女子大学名誉教授。文学博士(早稲田大学)、第23回角川源義賞、第55回密教学術賞を受賞。著書に『中世東大寺の組織と経営』、『中世寺院史料論』、『中世醍醐寺の仏法と院家』、編著に『醍醐寺の歴史と文化財』、『中世の門跡と公武権力』、『中世寺院の仏法と社会』、『江戸に生まれた庶民信仰の空間』、論文に「鬼子母神堂と法華信仰」等がある。


PDFパンフレット

電話のみ受付

  • 資料請求
  • 申込リストを見る
  • ログインページへ

講座一覧

  • 専門職のための研修会・講習会

連絡先

武蔵野大学
社会響創センター
(エクステンションセンター)

  • 〒202-8585
    東京都西東京市新町1-1-20
  • TEL:042-468-3222
  • 受付時間:
    平日 9:30~16:30
    (祝日を除く)