0601037 『教行信証』「信巻」を読む ―逆謗摂取釈①―

受付中

講座概要

講座番号 0601037
期間 2024年7月12日 ~ 2024年9月20日
回数 5回
曜日
時間 15:00~16:30
定員 40 名
一般料金 12,500円
会場 三鷹サテライト教室

内容


日程が変更となりました。

8/2 → 10/4

親鸞聖人の主著であり、浄土真宗の根本聖典である『顕浄土真実教行証文類』(『教行信証』)には、浄土真宗の教義体系が組織的に示されています。すなわち、浄土真宗を往相と還相の二種回向に分け、往相回向に教・行・信・証の四法があるとされています。
この中の信について顕された「信巻」では、「至心信楽の願 正定聚の機」を標挙に掲げています。『大無量寿経』の第十八願「至心信楽の願」に生きる者を「正定聚の機」といいます。しかし、親鸞聖人は、いま、正定聚(往生が定まっている)にもかかわらず喜ぶことができず、真実のさとりに近づくことを楽しいとも思わないとして、「恥づべし傷むべし」と語っています。なぜ、このような悲嘆を述べているのかを考えます。

スケジュール

  日程 内容
第1回 2024/07/12 「信巻」の思想構造
第2回 2024/07/26 便同弥勒釈と如来とひとし
第3回 2024/09/06 仮偽弁釈
第4回 2024/09/20 悲哉愚禿鸞・『涅槃経』引文
第5回 2024/10/04 『涅槃経』引文

教材

【参考図書】
『浄土真宗聖典-註釈版 第二版―』  浄土真宗本願寺派総合研究所  本願寺出版社  2004年  5,720円(税込)

講師

前田 壽雄 (まえだ ひさお)
本学教授
龍谷大学大学院文学研究科博士課程真宗学専攻単位取得。浄土真宗本願寺派宗学院卒業。
龍谷大学非常勤講師、浄土真宗本願寺派総合研究所上級研究員、駒澤大学非常勤講師を経て、現在、本学通信教育部人間科学部教授、東京女子大学非常勤講師。
著書に『「ただ念仏」の教え―法然聖人から親鸞聖人へ―』(探究社)、『仏事Q&A 浄土真宗本願寺派』(国書刊行会)、『書いて味わう讃仏偈 重誓偈』(本願寺出版社)他。


PDFパンフレット

受付中

  • 資料請求
  • 申込リストを見る
  • ログインページへ

講座一覧

  • 専門職のための研修会・講習会

連絡先

武蔵野大学
社会響創センター
(エクステンションセンター)

  • 〒202-8585
    東京都西東京市新町1-1-20
  • TEL:042-468-3222
  • 受付時間:
    平日 9:30~16:30
    (祝日を除く)