0601051 三島由紀夫『豊饒の海』「春の雪」と古典  

電話のみ受付

講座概要

講座番号 0601051
期間 2024年7月17日 ~ 2024年8月28日
回数 5回
曜日
時間 10:00~11:30
定員 40 名
一般料金 12,500円
会場 三鷹サテライト教室

内容

三島由紀夫は今もなお人気な小説家であり、多くの小説が読まれ続けています。『豊饒の海』は彼の遺作ともなる重要な小説でありますが、その小説にとどまらず彼の作品には多くの古典要素が含まれています。この講座では『豊饒の海』の第一巻「春の雪」をとりあげることとします。「春の雪」を読むことをとおして見えてくる、三島作品における古典の世界を紹介していきます。三島作品に摂取されている、『源氏物語』をはじめとしたさまざまな古典作品を鑑賞していきたいと思います。


講師の先生より受講生のみなさまへ(講座のご案内)


スケジュール

  日程 内容
第1回 2024/07/17 三島由紀夫と古典
第2回 2024/07/24 「春の雪」と『伊勢物語』
第3回 2024/08/07 「春の雪」と『源氏物語』
第4回 2024/08/21 「春の雪」と『浜松中納言物語』
第5回 2024/08/28 「春の雪」と『竹取物語』

教材

【必携テキスト】
『豊饒の海』「春の雪」新潮文庫 三島由紀夫 990円(税込)
※『豊饒の海』「春の雪」 三島由紀夫
お手持ちのものがあれば、どの版でも可

※上記教材をお持ちでない方は、詳細ページよりご購入ください。

講師

伊藤 禎子 (いとう ていこ)
学習院高等科教諭、学習院大学非常勤講師、博士(日本語日本文学・学習院大学)
著書など
『人物で読む源氏物語』全20巻「人物ファイル」(共著、平成17年〜18年、勉誠出版)
『うつほ物語』と転倒させる快楽』(単著、平成23年5月、森話社)
学習院大学平安文学研究会『うつほ物語大事典』(編集責任者、平成25年4月、勉誠出版)
『うつほ物語――国譲巻の世界』(編著、令和3年11月、武蔵野書院)
『王朝文学の〈旋律〉』(共編著、令和4年1月、新典社)
『円環の文学――古典×三島由紀夫を「読む」』(単著、令和5年5月、新典社)


PDFパンフレット

電話のみ受付

  • 資料請求
  • 申込リストを見る
  • ログインページへ

講座一覧

  • 専門職のための研修会・講習会

連絡先

武蔵野大学
社会響創センター
(エクステンションセンター)

  • 〒202-8585
    東京都西東京市新町1-1-20
  • TEL:042-468-3222
  • 受付時間:
    平日 9:30~16:30
    (祝日を除く)